東急レクリエーション、ミラノ座跡地45%を電鉄に譲渡 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月21日 > 東急レクリエーション、ミラノ座跡地45%を電鉄に譲渡
メニュー

東急レクリエーション、ミラノ座跡地45%を電鉄に譲渡

2015年11月21日 07:30

[映画.com ニュース] 東急レクリエーションは11月12日、遊休資産の自社ビル「新宿TOKYU MILANO」(東京都新宿区歌舞伎町1丁目)の一部譲渡を決めた。土地(3773平方メートル)、建物(1万6907平方メートル)のそれぞれ45%を、筆頭株主(27.92%)である東急電鉄に譲渡する。同地で策定中の再開発計画は、東急グループの共同事業として推進される。

譲渡価格は53億0600万円、帳簿価格は31億7300万円。今回の譲渡により、2015年12月期第4四半期に特別利益21億2600万円を、一方で、解体に伴う取壊費用等の同社持分3億5100万円を特別損失に計上する。

同日、第3四半期の連結決算も発表。売上高は238億9700万円(前年比0.8%増)、営業利益は12億8200万円(19.9%増)と伸びたが、新宿の閉鎖に伴う関連費用を計上したため、経常利益は7億5800万円(23.2%減)、純利益は2億8500万円(32.7%減)と減少した。

映像事業は売上高129億7200万円(3.6%増)、営業利益11億4600万円(30.3%増)。4月開業の109シネマズ二子玉川の好調が続き、フラッグシップ劇場として映像事業を牽引した。7月には富谷に4DXを初導入した。(文化通信)

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi