映画入場料金改定、各興行会社の動向は? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年2月11日 > 映画入場料金改定、各興行会社の動向は?
メニュー

映画入場料金改定、各興行会社の動向は?

2014年2月11日 14:15

[映画.com ニュース] 映画の入場料金の改定が、各興行会社で決まり始めた。当然、4月1日から実施される消費税増税に対処したものである。TOHOシネマズは、基本料金は据え置き。シニア、レディースデイなど、各割引料金の100円引き上げを行う。SMT、ティ・ジョイ、東急レクリエーションなども、今月順次発表の予定だ。大手のイオンエンターテイメントは、基本料金、割引料金とも据え置きとの見方もあるが、こちらも近々発表を行う。

気になったのが、前売り料金だ。たとえば、4月25日公開の「アメイジング・スパイダーマン2」(ソニー・ピクチャーズ配給)は、現行どおりの前売り料金1300円(一般)が設定されている。すでに発売していることもあり、新たに改定するのは、物理的に難しいとの判断があったとみえる。以降の同社の配給作品は、今後は上がる可能性が高い。

邦画では、東宝配給「テルマエ・ロマエII」(4月26日公開)が、一般1400円となる。同社は、「クレヨンしんちゃん」など一部ファミリー映画は1300円だが、以降は作品ごとに決めていく。同日公開の東映配給「相棒 劇場版III 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」は、すでに1300円で発売されており、その価格に変更はない。同社は、4月公開作品に関しても現行の前売り料金とし、5月以降はまだ決まっていない。

4月はいまだ端境期ということもあり、各社の対応はまちまちであるが、4月以降の前売り券に関しては、100円アップの方向が多いとみえる。入場料金に戻るが、都内のミニシアターの価格も気になるところだ。岩波ホールが今のところ、基本料金、割引料金とも据え置きを決めている。Bunkamura ル・シネマは決定こそしていないが、据え置きを検討している。テアトル新宿は、今のところ未定だという。ただ全体としては、都内のミニシアターは基本料金、割引料金とも、現行のまま据え置く方向性が高いとみていいと思う。

ミニシアターは、改定どころではないということだろうが、かつて、こんなことを聞いたことがある。シニア料金を上げることは、非常に難しい。60歳以上の人は、その価格設定を〝既得権益” のように考えていて、1000円料金にとても執着しているのだと。今回、TOHOシネマズは、ここに手を加えてきたわけだが、この〝既得権益” に100円のアップが、どのような影響を与えるのか、しかと見極める必要があろうと思う。レディースデイ料金にも、同じことが言える。改定から、動員にしわ寄せが出ないことを祈るのみだ。(文化通信×大高宏雄

アメイジング・スパイダーマンTM(Mastered in 4K)[Blu-ray/ブルーレイ] アメイジング・スパイダーマンTM(Mastered in 4K)[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 世界的に大ヒットしたキャラクターを、装い新たに再映画化。
テルマエ・ロマエ 豪華盤(特典DVD付 2枚組)[DVD] テルマエ・ロマエ 豪華盤(特典DVD付 2枚組)[DVD] 最安価格: ¥2,506 古代ローマと現代日本を行き来する、抱腹絶倒&空前絶後のタイムスリップ風呂漫画『テルマエ・ロマエ』を奇跡の実写映画化!!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi