「007」はダニエル・クレイグで継続? プロデューサーが自信 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月11日 > 「007」はダニエル・クレイグで継続? プロデューサーが自信
メニュー

「007」はダニエル・クレイグで継続? プロデューサーが自信

2015年11月11日 11:00

ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグ「007 スペクター」

ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグ
SPECTRE (C) 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc.
, Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries,
Inc. All rights reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース] シリーズ24作目となる最新作「007 スペクター」が欧米で大ヒットを飛ばすなか、ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグが次作も続投するとの見通しを、プロデューサーが語った。

クレイグにとって「007 スペクター」は4作目にあたり、同作のプロモーション期間中に一部メディアの取材に対して降板の意志を表明している。しかし、プロデューサーのマイケル・G・ウィルソンはハリウッド・レポーター誌の取材に対し、「ダニエル・クレイグは出てくれると思う」と語り、まだ契約は交わしていないものの楽観的であることを明らかにしている。

クレイグとの間で合意しているか否かは不明だが、同シリーズの配給権をめぐっては、ハリウッドの主要スタジオが争奪戦を繰り広げており、クレイグ続投を公にした方が好条件を引き出しやすいという見方もある。現在のところ候補となるスタジオは3社あり、2016年2月までに新たな配給先が決まる見込みだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi