ダニエル・クレイグ、「007」ジェームズ・ボンドは続投? 卒業? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月15日 > ダニエル・クレイグ、「007」ジェームズ・ボンドは続投? 卒業?
メニュー

ダニエル・クレイグ、「007」ジェームズ・ボンドは続投? 卒業?

2015年10月15日 11:30

続投か卒業か決断やいかに!?「007 スペクター」

続投か卒業か決断やいかに!?
SPECTRE (C) 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc.,
Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc.
All rights reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ダニエル・クレイグが、最新作「007 スペクター」でジェームズ・ボンド役を卒業すると宣言した。英タイムアウト紙の独占インタビューで明らかにしたもので、「またジェームズ・ボンド映画をやりますか?」という問いに対し、続投するくらいなら、「このガラスのコップを割って、手首を切ったほうがマシ」と返答。「万が一、またやることになったとしたら、純粋に金儲けのためだろうね」と明かした。

しかし一方で、英デイリー・メール紙のインタビューでは「もう1本、契約が残っている」と明言している。さらに、「俺は死ぬほど働いている。だんだんきつくなってきたよ。でも、これが人生だ。体が持つ限り、続けるつもりだよ」と語っており、続投か卒業か、クレイグ本人も迷っている様子がうかがえる。

クレイグは、「007 カジノ・ロワイヤル」で6代目ジェームズ・ボンドとしてデビュー。それまでのボンド像と外見が異なるため、同作の公開前はバッシングが起きたものの、新たなジェームズ・ボンドを確立し高い評価を得た。その後、「007 慰めの報酬」「007 スカイフォール」に出演し、シリーズ第24弾「007 スペクター」で計4度演じたことになる。

また、タイムアウト紙には、次にボンドを演じる役者に関しては「誰だって構わない」と言いながらも、アドバイスを求められると「限界まで自分を追い込め。これには、それだけの価値がある。なにしろジェームズ・ボンドなんだから」とエールを送っている。「007 スペクター」は、10月29日にイギリスで封切られ、日本では12月4日に公開。

〔スチールブック仕様〕007/スカイフォール〔2,300セット数...[Blu-ray/ブルーレイ] 〔スチールブック仕様〕007/スカイフォール〔2,300セット数...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 究極のスパイ・アクションとして新たな幕開けを描いた『007』シリーズ第23作。
カジノ・ロワイヤル[Blu-ray/ブルーレイ] カジノ・ロワイヤル[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 J・ボンド誕生45周年を迎えた「007」シリーズ第21作。ジェームズ・ボンドが誕生するまでの物語を描いた、ノンストップ・スタイリッシュ・アクション。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi