北野武がタップの師匠、HIDEBOHのために温めていた企画が舞台に登場! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月7日 > 北野武がタップの師匠、HIDEBOHのために温めていた企画が舞台に登場!
メニュー

北野武がタップの師匠、HIDEBOHのために温めていた企画が舞台に登場!

2015年11月7日 08:45

TamangoとHIDEBOH「座頭市」

TamangoとHIDEBOH
撮影:若林ゆり
[拡大画像]

[映画.com ニュース]北野武監督の「座頭市」といえば、なんといっても圧巻だったのが終盤の農民たちによる下駄タップ群舞。これを振り付けし、踊り手としても見事な下駄さばきを見せていたのがタップダンサーのHIDEBOHだ。「座頭市」でのコラボから12年。北野とHIDEBOHが再び手を組んで作り上げられた舞台「海に響く軍靴」が幕を開ける。

これはもともと北野が「HIDEBOHありき」で、「座頭市」よりも前に映画の企画として発案したものだった。HIDEBOHが北野から聞いたのは、北野にタップのレッスンをするようになってしばらく経ったころだという。

「あるとき、武さんが『今度、タップの映画でやりたいと思っている話があるんだよ』とおっしゃったんです。『ラストシーンは決まってるんだ、最後、カメラがパンして空を映すとそこにタップの音が流れてさ』と。僕は武さんの映画で言うと『HANABI』みたいな感じかなとイメージしたんですけど。『わあー本当ですか、そんな映画なら早く撮ってほしいな』って言ったら『HIDEBOHが主役だよ』って。うれしかったですね」


画像2

撮影:若林ゆり
[拡大画像]

さらに10数年の後、HIDEBOHが博品館劇場で「タップ・ジゴロ」というミュージカルの再演に主演していたときのこと。フラッと見に来た北野がHIDEBOHに「こういう舞台、いいよな。前に言ってたタップ映画の企画、舞台でやるのもありだなと思うんだけど、とりあえず舞台でやるか?」と言ったことから企画が再び動きだした。物語は戦時中、南太平洋の孤島に漂着した日本兵とアメリカ兵が、タップを通して友情を育むというもの。

「武さんが発案したときにモチーフになったのは、終戦後30年もルバング島で暮らしていた日本兵、小野田寛郎さんなんです。武さんは小野田さんにお会いになったことがあるそうで。以前、武さんに『カッコいい男とは?』って聞いたことがあるんですけど、そのとき『名もなく死んでいった兵士かな』というのが答えでしたから、兵士に対する特別な思いもあるんでしょう。いまは民主主義の世の中でみんなが自由に生きていて、僕らだって戦争を知らない。当時の兵士たちが当たり前に持っていたお国に対する絶対的な忠誠心なんかを完全には理解できないかもしれないけど、伝承しなければいけないという責任も感じています」


画像3

[拡大画像]

この作品の根底には北野武とHIDEBOHという2人の友情と敬意が流れているわけだが、実はもう1つ、友情のドラマが隠されている。それがHIDEBOHとは25年ほど前にニューヨークで出会ったというブロードウェイのタップダンサー、Tamangoとの物語だ。今度はTamangoに語ってもらおう。

「ここにあるのは友情以上のものだよ。これは偶然なんかじゃない。僕とHIDEBOHの間には、長い間の物語が育っているんだからね」

Tamangoから見たタップダンサーとしてのHIDEBOHは「彼自身のサウンドを持った本物」だという。

「彼はすごくすごく希な、即興の重要性を身をもって知っているダンサーだ。彼がやっているダンスは、彼そのものを感じさせるものだよ。目をつぶって音を聞いただけで、彼のダンスだってすぐにわかる。多くのダンサーは自分の音を持ってはいない。テクニックはあってもね。ほかの人が作ったものをただうまく踊っているだけで、自分自身の踊りではないんだ」

舞台ではTamango扮するビルが、HIDEBOH演じる森山をブロードウェイに紹介するという場面がある。HIDEBOHによれば、Tamangoとの関係が作品の中で逆転し「パラドックス的なもの」が生まれているのだという。


画像4

[拡大画像]

「昔、僕をニューヨークの舞台に上げてくれたのがTamangoだったんです。世話になったけど、厳しいことも言われましたよ。『モノマネロボットでしかないなら帰った方がいい』とか。『日本のよさを早く見せてくれよ。なんで肌を黒く焼いて髪をドレッドにしてるんだ、黒人でもないのに意味わかんないな』とかケチョンケチョン (笑)。友達だから言ってくれたんですよね。そのころの僕のルックスはまるで黒人。でも、猿まねしててもダメだって気づいたんです。親父とお袋もエンタテインメントっていうのはアイデアだということをずっと言っていた世代なので、日本に帰ってからは和太鼓とコラボだとか、灯油の缶を叩いてタップとやってみようとか。そういうチャレンジをいろいろしていくなかで武さんが見に来てくれて、『面白いことやってんな』って言ってくださった。跳躍力もリズム感も勝る黒人に日本人が勝つにはどうしたらいいんだって考えて、『ちょっと待てよ、“間”っていうのがあんまり黒人にはないな』とか。日本人気質である自分の得意技を生かして戦ったらオリジナルスタイルになるんじゃないかと。そう考えたことがいまにつながっているんだと思います」

Tamangoとのエモーショナルな化学反応が、舞台にどう反映されるのかは大きな見もの。また、映画用だったシノプシスが舞台となって、タップの魅力をライブで存分に味わわせてくれるのも楽しみだ。これが成功すれば、今度はオフ・ブロードウェイ公演や映画化にもつながるかもしれない。(若林ゆり)

「海に響く軍靴」は10月30~11月15日、銀座・博品館劇場で上演される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi