ジョニー・デップ&カンバーバッチそろい踏み!ロンドン映画祭が大熱狂 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月14日 > ジョニー・デップ&カンバーバッチそろい踏み!ロンドン映画祭が大熱狂
メニュー

ジョニー・デップ&カンバーバッチそろい踏み!ロンドン映画祭が大熱狂

2015年10月14日 18:25

「ブラック・スキャンダル」のロンドンプレミア開催「ブラック・スキャンダル」

「ブラック・スキャンダル」のロンドンプレミア開催
(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,
CCP BLACK MASS FILM HOLDINGS, LLC,
RATPAC ENTERTAINMENT, LLC AND
RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優のジョニー・デップベネディクト・カンバーバッチが共演した映画「ブラック・スキャンダル」のロンドンプレミアが10月11日(現地時間)、イギリスで開催中の第59回BFIロンドン映画祭で実施された。デップとカンバーバッチはそれぞれ、妻のアンバー・ハードソフィー・ハンターを同伴し、オデオン・レスタースクエアに用意されたレッドカーペットに登場。集まった3000人以上のファンを大熱狂させた。

米ボストンに実在するアイルランド系マフィアのボス、ジェームズ・“ホワイティ”・バルジャーが起こした犯罪を描くもので、冷酷非情な凶悪犯に扮したデップの迫真の演技は、海外メディアから高い評価を得ている。

本作では、薄くなった頭髪をオールバックに固めたデップの姿が話題を呼んでいるが、レッドカーペットで取材に応じたデップはメイクアップアーティストとともに試行錯誤を重ねただけでなく、バルジャーが肉体的にタフな男だったことから体格をよくしたと説明。さらに「声の録音はあまり残っていなかったので、ある意味勘でやっていたが、うまくいったようだ。バルジャーの昔の仲間から手紙をもらったんだけど、かなりびびっていたみたいだよ(笑)」と“折り紙つき”であることを明らかにした。

そして、「最初の10分で映画を見ているという感覚を失うほど」観客を物語に引き込むスコット・クーパー監督の手腕を称え、「カメラをまるで人のように扱い、のぞき見しているかのように使う。カメラがあたかもひとりのキャラクターとして息をしているかのようなんだよ」と解説。「彼のアプローチはとても勇敢で、ある意味過激だったね」と称賛した。

一方、バルジャーの実弟でありながら政治家という複雑な立場にあるビリーを演じたカンバーバッチは、「僕をこの役に考えてくれていると聞いたときは、とにかく嬉しかったね」と振り返るとともに、クーパー監督への信頼を寄せ「ボストンなまりだけでなく、すべてが真のチャレンジとなったが、とても楽しいものだった」と述懐。デップとの共演については、「僕とジョニーはかなり早く固い絆を結ばなければならなかった。奥が深い題材を追求し、理解し合い、お互いをみつめる瞬間を持つことが必要だった」と明かし、デップとともに挑んだ「兄弟間の関係や心理を模索していくという作業」の成果が作品に現れていると語った。

デップ、カンバーバッチのほか、「ゼロ・ダーク・サーティ」のジョエル・エドガートン、「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」のダコタ・ジョンソン、「ラブ・アゲイン」のケビン・ベーコンらが共演する。2016年1月30日に全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi