「劇場霊」スピンオフドラマ放送決定 横山、入山、北原、木崎らAKB48グループメンバー主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月14日 > 「劇場霊」スピンオフドラマ放送決定 横山、入山、北原、木崎らAKB48グループメンバー主演
メニュー

「劇場霊」スピンオフドラマ放送決定 横山、入山、北原、木崎らAKB48グループメンバー主演

2015年10月14日 19:30

横山由依(上段中央)らが主演する 「劇場霊」スピンオフドラマが放送「劇場霊」

横山由依(上段中央)らが主演する
「劇場霊」スピンオフドラマが放送
(C)2015「劇場霊」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 中田秀夫監督が「AKB48」の島崎遥香を主演に描いた映画「劇場霊」の劇場公開に先立ち、スピンオフドラマ「劇場霊からの招待状」が放送されることが決まった。AKB48のメンバーが主演し、小市慢太郎がナビゲーターを務める全10話のオムニバスドラマで、中田監督もメガホンをとっている。

映画「劇場霊」は、「リング」「クロユリ団地」など様々な恐怖映画を生み出してきた中田監督が、閉ざされた劇場を舞台に女優たちを襲う恐怖を描いた新作ホラー。主人公・水樹沙羅役を演じる島崎は、AKB48グループの全メンバーを対象としたオーディションを経て抜てきされ、映画初主演を務めている。

スピンオフとなる「劇場霊からの招待状」は、学校や自宅、病院、そして劇場など、日常と地続きの世界にある、誰の身にも起こるかもしれない理不尽な恐怖を描いた全10話のオムニバスホラードラマで、中田監督も第1話と第10話の演出を担当。そのほか佐藤太佐々木浩久三宅隆太木ノ本豪がメガホンをとっている。

各話にAKB48グループのメンバーが主演し、島崎の同期で次期AKB48総監督でもある横山由依(AKB48 チームA)が第1話に主演するほか、第2話=岡田奈々(AKB48 チーム4)、第3話=入山杏奈(AKB48 チームA)、第4話=加藤玲奈(AKB48 チームB)、第5話=古畑奈和(SKE48 チームKII)、第6話=中野郁海(AKB48 チーム8/チームK兼任)&小栗有以(AKB48 チーム8)、第7話=北原里英(NGT48)、第8話=向井地美音(AKB48 チームK)、第9話=高橋朱里(AKB48 チーム4)、第10話=木崎ゆりあ(AKB48 チームB)と、これからのAKB48グループを担う若手を中心としたメンバーが主演を飾っている。

中田監督は、自身が演出を担当した第1話の主演・横山を「短期のうちの成長ぶりに目を見張りました」と称え、第10話の主演で、映画「柘榴坂の仇討」やドラマ「GTO」で演技経験も積んでいる木崎に対しては「これまでの経験と、彼女が持っている生来の演技センスの高さが光ったと思います」と太鼓判を押す。

一方の横山は、「中田監督の撮影では、学ぶことがいっぱいありました。一生懸命トライしたので、ぜひ見てください!」とアピール。木崎も「撮影は、我ながら本当に頑張りました。私を含め、スタッフ・共演者の方々みんなで頑張って作った作品なので、皆さんには、ゾワゾワしつつ私や子役をカワイイなって思ってもらいながら、見ていただきたいです!」と語っている。

初回放送はTBSで10月16日深夜1時22分、MBSで10月18日深夜2時20分から。映画「劇場霊」は11月21日全国公開。

クロユリ団地 スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] クロユリ団地 スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,030 誰もが抱える孤独の隙間から入り込む恐怖…!ハリウッドをも震撼させた恐怖映画の巨匠・中田秀夫監督が挑む戦慄のホラー。
リング <Blu-ray>[Blu-ray/ブルーレイ] リング <Blu-ray>[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,036 見た者を7日間で確実に死に追い込むという呪いが込められたビデオテープの恐怖を描いた、鈴木光司原作によるホラー映画が初BD化!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi