「劇場霊」主演の島崎遥香、仏エトランジェ映画祭でフランス語を披露! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年9月16日 > 「劇場霊」主演の島崎遥香、仏エトランジェ映画祭でフランス語を披露!
メニュー

「劇場霊」主演の島崎遥香、仏エトランジェ映画祭でフランス語を披露!

2015年9月16日 06:00

仏・パリでの舞台挨拶に出席した 島崎遥香と中田秀夫監督「劇場霊」

仏・パリでの舞台挨拶に出席した
島崎遥香と中田秀夫監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「AKB48」の島崎遥香が映画単独初主演を飾った「劇場霊」が9月11日(現地時間)、仏パリで開催された第21回エトランジェ映画祭のコンペティション部門で上映された。島崎はメガホンをとった中田秀夫監督とともに現地入りし、パリの劇場「Forum Des Images」で舞台挨拶&ティーチインに出席。上映前の会場にふたりが呼び込まれると、客席を埋めつくした500人の観客は総立ちで約5分間におよび拍手喝さいを送った。

島崎は、開口一番「こんばんは、島崎遥香です。はじめまして。ぱるると呼んでください。ありがとう、ご招待いただきありがとうございます」と前日に覚えたばかりのフランス語で挨拶。同映画祭には2度目の参加となった中田監督は、「10年前は呼ばれて、その時はほかの人の映画を見るだけだったので気楽だったのですが、今日は自分の監督した映画なので緊張しています」と話した。

イベント後、島崎は「海外というのもあるし、フランス語を話さないといけないというのもあり、緊張しました。でも、みんな温かくて、名前を呼んでくれたり、サインとか写真が欲しいと言われたので嬉しいなと思いました」と振り返り、初の海外映画祭に大興奮の様子。また、フランス語の挨拶については、「自分ではちゃんと言えているのか分からなかったですが、(観客に)『どうでしたか?』と聞いたら、みんなが『わー!』と言ってくれたので嬉しかったです」と手応えを明かした。

1993年に誕生した同映画祭は、「エトランジェ(奇妙な)」の言葉通り、タブーを度外視した激しい作品が数多く上映。欧州ではカルト的人気を誇る映画祭で、昨年は日本から「渇き。」などが出品されている。中田監督は、「観客の雰囲気が熱いというか熱心で、映画の国フランス、映画の都パリという雰囲気を感じました」と満足げ。さらに、観客の反応を聞かれ「この映画祭が、ホラー、ファンタ専門の映画祭なので、ホラー映画技術など非常に突っ込んだ質問が飛んだり、Q&Aでこういうことを聞きたいというお客さんが思いのほか多く、好感触でした」と答えた。

劇場霊」は、劇場という閉ざされた空間で怪現象に見舞われる女優たちの恐怖を描く。島崎のほか、足立梨花高田里穂町田啓太ら若手注目株が共演している。11月21日から公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi