名優A・リックマン、監督作に主演のK・ウィンスレットを大絶賛「誰もが彼女を起用すべき」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月9日 > 名優A・リックマン、監督作に主演のK・ウィンスレットを大絶賛「誰もが彼女を起用すべき」
メニュー

名優A・リックマン、監督作に主演のK・ウィンスレットを大絶賛「誰もが彼女を起用すべき」

2015年10月9日 15:00

「ヴェルサイユの宮廷庭師」アラン・リックマン監督「ヴェルサイユの宮廷庭師」

「ヴェルサイユの宮廷庭師」アラン・リックマン監督
(C)BRITISH BROADCASTING CORPORATION, LITTLE CHAOS LIMITED, 2014.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ケイト・ウィンスレット主演作「ヴェルサイユの宮廷庭師」で監督を務めた、英国を代表する俳優アラン・リックマンのインタビュー映像を、映画.comが独占入手した。

映画は、17世紀の仏べルサイユ宮殿を舞台に、国王の庭園建築家アンドレ・ル・ノートル(マティアス・スーナールツ)と、希有な才能を持つ女性庭師サビーヌ(ウィンスレット)の愛を描く。サビーヌは自由な感性と情熱で、仕事上のライバルや宮廷に暮らす女性たち、さらにはルイ14世までもの心を溶かし、身分や性別を超えて信頼を得るようになっていく。

「ハリー・ポッター」シリーズのセブルス・スネイプ役などで知られる名優であるリックマンは、忙しい俳優業のかたわら、監督業にも挑戦してきた。「ウインター・ゲスト」(1998)以来監督第2作となる今作で、共同脚本を担当したほか、ルイ14世役で出演もしており、1人3役をこなしている。

リックマンは、主人公を演じたウィンスレットを「監督なら誰もが彼女を起用すべきだと思う」と大絶賛。シーンの内容を正確に把握したり、セリフを完璧に覚えてくることはもちろん、「何より共演者への配慮がすばらしい」「彼女のショットは全て使えるんだ。演技力だけでなく集中力が高いからだ」と評価している。

また、今作は主人公の存在を除いたほとんど全てが史実に基づいて製作されているといい、その理由を「当時職業に就いた女性はいなかったから」「男性中心の社会だった」と語る。「女性は社会的地位が低く、華やかな添え物としてもてはやされても、しわが増えると捨てられた」と当時の女性が置かれていた境遇を嘆き、「現代でも同じようなことが起きている。この映画を見てそのことに気付いてもらえたら」と映画に込めたメッセージを明かした。

ヴェルサイユの宮廷庭師」は、10月10日から角川シネマ有楽町、Bunkamura ル・シネマほか全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi