アップルCEOがジョブズ映画を批判、アーロン・ソーキンがこれに反論 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年9月29日 > アップルCEOがジョブズ映画を批判、アーロン・ソーキンがこれに反論
メニュー

アップルCEOがジョブズ映画を批判、アーロン・ソーキンがこれに反論

2015年9月29日 12:05

アーロン・ソーキン

アーロン・ソーキン
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 10月9日に全米公開する映画「スティーブ・ジョブズ」(ダニー・ボイル監督)の脚本を手がけたアーロン・ソーキンが、アップルのCEOティム・クックに噛みついたと、ハリウッド・レポーター誌が報じた。

トーク番組「The Late Show With Stephen Colbert」に出演したクックCEOは、最近のスティーブ・ジョブズ映画を「便乗的」だと評した。この発言を聞いたソーキンは、ハリウッド・レポーター誌の取材で「第1に、誰も金儲けのためにこの映画を作っていない。第2に、ティム・クックは評価を下す前に映画を見るべきだ。第3に、中国の工場で子供たちに時給17セントでiPhoneを組み立てさせておいて、他人をご都合主義と呼ぶなど図々しさにもほどがある」と反論した。

ジョブズ氏公認の評伝を基にソーキンが脚色を手がけた「スティーブ・ジョブズ」のほかに、ドキュメンタリー映画「Steve Jobs: The man in the Machine」、アシュトン・カッチャー主演の「スティーブ・ジョブズ」など、ジョブズ氏を題材にした映画がいくつも製作されており、クックCEOはこうした風潮にコメントをしたに過ぎない。

その後ソーキンは言い過ぎたと反省したのか、謝罪し、「ぼくがアップル製品を楽しむように、この映画を楽しんでくれることを期待している」とコメントしている。

なお、ソーキンが脚本を執筆した「スティーブ・ジョブズ」はマイケル・ファスベンダーがジョブズを演じるほか、セス・ローゲンがスティーブ・ウォズニアック、ケイト・ウィンスレットが女性エンジニアのジョアンナ・ホフマン、ジェフ・ダニエルズがジョン・スカリーを演じている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi