「屍者の帝国」初日舞台挨拶で第2作「虐殺器官」公開延期&第3作「ハーモニー」公開繰り上げを発表 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月3日 > 「屍者の帝国」初日舞台挨拶で第2作「虐殺器官」公開延期&第3作「ハーモニー」公開繰り上げを発表
メニュー

「屍者の帝国」初日舞台挨拶で第2作「虐殺器官」公開延期&第3作「ハーモニー」公開繰り上げを発表

2015年10月3日 18:45

初日舞台挨拶に登壇した細谷佳正、村瀬歩ら「屍者の帝国」

初日舞台挨拶に登壇した細谷佳正、村瀬歩ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース]  夭折の小説家・伊藤計劃さんが残した作品をアニメ映画化する「Project Itoh」の第1作「屍者の帝国」が10月2日、全国72館で公開され、細谷佳正村瀬歩花澤香菜楠大典三木眞一郎山下大輝の主要声優陣とメガホンをとった牧原亮太郎監督が、東京・お台場シネマメディアージュで初日舞台挨拶に立った。合わせて、本プロジェクトの第2作「虐殺器官」が制作体制の見直しのため公開延期になり、第3作「ハーモニー」の公開が11月13日に繰り上げとなったことが発表された。

映画は、芥川賞作家・円城塔氏が伊藤さんによる序文を書き継いだ小説を映像化。死者をよみがえらせた屍者を労働力としている19世紀末のロンドンを舞台に、国家の密命を受けた医学生ジョン・H・ワトソンが、死後ワトソンによって屍者化された親友フライデーとともに、伝説の書物「ヴィクターの手記」の捜索を開始する。

主人公ワトソン役の細谷は「いよいよ初日を迎えられたのが嬉しくて、笑いが止まりません!」と登場直後から興奮気味。さらに、テンションを維持したまま「本アフレコの2カ月前にプレアフレコという、画作りのためのアフレコをやったのですが、その時はト書きを元に演じていたので、完成した映像に驚きました」と作品の魅力を熱弁。その具体例を問われると、「特に“死者の書”がCGになっていたのがすごかった!」と自信満々に語ったが、共演陣は「そこ!?」と総ツッコミで、客席からは笑い声が上がっていた。

細谷の“浅い”説明を受け、牧原監督は「プレアフレコは一度全体像を見てから、最終的な画をフィックスするための重要な作業」と解説し、「細谷くんには、ガッカリです」と苦笑い。これに対しフライデー役の村瀬は「僕は、プレアフレコで気づいた足りない点や工夫すべき点を、本アフレコに反映した」と明かし、「結果、心で考えるのではなく、プログラムされて動いている屍者の“意識的でない、無意識の動き”を、音響、映像含め繊細に再現することができた」と同調した。村瀬の見事な説明に、客席から「おおー!」と歓声が上がるなか、細谷は「言葉がすべてじゃない! ネタバレしないよう、僕は映画を守っているんです!」と反論。これには隣の花澤も「細谷さん、楽屋でも1番喋っていたのに散々!」と吹き出していた。

監督、キャスト、客席の総攻撃を受け、落胆しきりの細谷だったが、製作時の苦労を聞かれると「プレアフレコで追い詰められた」と告白し、「プレアフレコで発揮した本能、理解度をもう一度出そうと、本アフレコで意識しすぎてしまった」と神妙な面持ちで語った。これに対しベテラン声優の三木が、「今日イチいいこと言ったんじゃない?」と称賛すると、細谷は「今、僕、主演俳優の顔しています!」と満足げにガッツポーズを決めていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi