細谷佳正×村瀬歩×花澤香菜ら「屍者の帝国」声優に 主題歌はEGOIST新曲 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月21日 > 細谷佳正×村瀬歩×花澤香菜ら「屍者の帝国」声優に 主題歌はEGOIST新曲
メニュー

細谷佳正×村瀬歩×花澤香菜ら「屍者の帝国」声優に 主題歌はEGOIST新曲

2015年7月21日 21:40

細谷佳正が演じる主人公ワトソン「屍者の帝国」

細谷佳正が演じる主人公ワトソン
[拡大画像]

[映画.com ニュース]夭逝の作家・伊藤計劃さんの小説をアニメ映画化する「Project Itoh」の1作「屍者の帝国」が10月2日に劇場公開されることになり、細谷佳正村瀬歩花澤香菜ら声優陣の参加が発表された。また、「ギルティクラウン」「PSYCHO-PASS」とノイタミナ作品を手がけてきた音楽グループ「EGOIST」が、プロジェクト3作品の主題歌として書き下ろしの新曲を提供する。

屍者の帝国」は、芥川賞作家・円城塔氏が伊藤さんによる序文を書き継いだ小説を映像化。国家の密命を受けた医学生ジョン・ワトソンが、死からよみがえった屍者のフライデーとともに、秘書探しの旅に出る。

「進撃の巨人」のライナー・ブラウンなどを担当してきた細谷が、ワトソン役に挑戦する。「亡くなった親友の魂と人格を取り戻すため『ヴィクターの手記』を探す旅に出るのですが、その中で、自分の成そうとしている事に対して葛藤しながら進んでいくキャラクター」と説明。そして「通常はアニメのアフレコは、本番のアフレコのみですが、今回の現場ではプレアフレコから参加したので、本番のアフレコの際にプレアフレコより良いものを出さなければ、と気合を入れて臨みました。一つの作品に沢山時間をかけられるというのは有難いことですし、その分きっと良いものになっていると思います」と意気込んでいる。

村瀬がワトソンのパートナーで屍者のフライデー、花澤が謎のヒロイン・ハダリーを演じる。ほかに楠大典(フレデリック・バーナビー役)、三木眞一郎(アレクセイ・カラマーゾフ役)、山下大輝(ニコライ・クラソートキン役)、大塚明夫(M役)、菅生隆之(ザ・ワン役)という実力派俳優が結集した。

EGOISTが手がけた主題歌は、「Door」(「屍者の帝国」)、「リローデッド」(「虐殺器官」)、「Ghost of a smile」(「ハーモニー」)の3曲。ボーカルを務めるchellyは、「それぞれタイプの違う曲が揃っているのですが、どの曲も一貫してメロディや、歌詞にメッセージ性が強いです。聴いてくださる方に伝えたいものや、訴えたいものを捉えて、それを踏まえて表現するということを意識しました」とコメントを寄せている。

屍者の帝国」は、10月2日から全国で公開。また「虐殺器官」が11月13日、「ハーモニー」が12月4日に公開されることもわかった。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi