伊藤計劃の小説映画化「虐殺器官」「ハーモニー」 主人公の描き下ろし新ビジュアル公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月9日 > 伊藤計劃の小説映画化「虐殺器官」「ハーモニー」 主人公の描き下ろし新ビジュアル公開
メニュー

伊藤計劃の小説映画化「虐殺器官」「ハーモニー」 主人公の描き下ろし新ビジュアル公開

2015年4月9日 21:45

「虐殺器官」(左)と「ハーモニー」(右)の新ビジュアル「虐殺器官」

「虐殺器官」(左)と「ハーモニー」(右)の新ビジュアル
(C)Project Itoh / GENOCIDAL ORGAN
(C)Project Itoh / HARMONY
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2009年に34歳の若さで病没した、夭折のSF作家・伊藤計劃さんの長編小説3作品をアニメーション映画化する「Project Itoh」から、「虐殺器官」と「ハーモニー」の新ビジュアルが公開された。キャラクター原案のredjuiceによる描き下ろしで、両作品の主人公がそれぞれアップで描かれている。

07年に刊行された「虐殺器官」でデビューした伊藤さんは、オリジナル長編第2作「ハーモニー」を発表した09年に他界。「虐殺器官」は第7回小松左京賞最終候補になり、「ハーモニー」は伊藤さんの没後に第30回日本SF大賞やフィリップ・K・ディック記念賞の特別賞を受賞するなど、残した作品はわずかながら、いずれも高い評価を受けている。「Project Itoh」は、「虐殺器官」「ハーモニー」と、伊藤さんが生前に残したプロットをもとに盟友の芥川賞作家・円城塔氏が書き上げた「屍者の帝国」の小説3作品を、「劇場版PSYCHO-PASS サイコパス」に続くノイタミナムービーの第2弾として劇場アニメ化するプロジェクトだ。

虐殺器官」は、米軍特殊部隊のクラヴィス・シェパード大尉が、各地で起こる紛争や虐殺の影に見え隠れする元言語学者の男を追う姿を描き、「Ergo Proxy」の村瀬修功が監督。「ハーモニー」は、極度の健康志向と調和を重んじる超高度医療社会の欺瞞(ぎまん)に気付いた少女たちの反抗を、ベテランアニメーターのなかむらたかしと「鉄コン筋クリート」のマイケル・アリアスの共同監督で描く。

新たに公開されたビジュアルは、「Project Itoh」でキャラクター原案を担当するイラストレーターのredjuiceによる描き下ろしで、「虐殺器官」の主人公クラヴィス・シェパードと「ハーモニー」の主人公となる霧慧トァンをアップで捉えた。4月10日発売のアニメ誌「Newtype」では、「Project Itoh」の特集が組まれ、このイラストを使用した特別仕様のポスターも付属する。

虐殺器官」「ハーモニー」は今秋公開。「屍者の帝国」は15年に公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi