デンゼル・ワシントン主演「トレーニング デイ」がテレビシリーズ化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月12日 > デンゼル・ワシントン主演「トレーニング デイ」がテレビシリーズ化
メニュー

デンゼル・ワシントン主演「トレーニング デイ」がテレビシリーズ化

2015年8月12日 11:00

映画「トレーニング デイ」の一場面「トレーニング デイ」

映画「トレーニング デイ」の一場面
写真:Moviestore Collection/AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「トレーニング デイ」(2001)のアントワン・フークア監督が、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーと組んで、同作のテレビシリーズ化を企画していることがわかった。

トレーニング デイ」は、米ロサンゼルス市警の麻薬取締課に配属された正義漢の新人刑事(イーサン・ホーク)が、やり手だが堕落したベテラン刑事(デンゼル・ワシントン)の指導のもとで、予想のつかない事態に巻き込まれていく異色の刑事ドラマ。ワシントンは、本作でアカデミー賞主演男優賞を受賞した。

米Deadlineによれば、テレビドラマ化はもともとフークア監督のアイデアで、米主要ネットワークはいずれも大きな関心を示しているという。テレビ版は、映画版から15年後の2015年のロサンゼルスを舞台に、同じくふたりの、それぞれに正義と悪を象徴する刑事の関係が描かれるようだ。米ワーナー・ブラザース・テレビジョンが制作し、元ロス市警刑事という経歴を持つウィル・ビール(「L.A. ギャング ストーリー」)が脚本を手がける。キャストは未定。

なお、フークア監督とワシントンおよびホークは、傑作西部劇「荒野の七人」のリメイク版で再結集することがわかっている。

トレーニング デイ[Blu-ray/ブルーレイ] トレーニング デイ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥982 「マーシャル・ロウ」のデンゼル・ワシントンと「リアリティ・バイツ」のイーサン・ホーク共演で贈る、ロス市警を舞台に2人の刑事が警察の汚職に危険を顧みず立ち向かうを姿を描いたクライム・サスペンス。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi