アントワン・フークア監督、モテモテ 3スタジオからオファー相次ぐ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年6月9日 > アントワン・フークア監督、モテモテ 3スタジオからオファー相次ぐ
メニュー

アントワン・フークア監督、モテモテ 3スタジオからオファー相次ぐ

2014年6月9日 16:10

引っ張りだこのアントワン・フークア監督「イコライザー」

引っ張りだこのアントワン・フークア監督
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アントワン・フークア監督が3つのスタジオから新作のオファーを受けていることが判明した。その3作品は、米20世紀フォックスの「Narco Sub(原題)」、MGMが手がけるリメイク版「荒野の七人」、フークア監督の最新作「イコライザー(原題)」の続編「イコライザー2」(ソニー・ピクチャーズ)。米Deadlineによれば、フークア監督は「Narco Sub」のメガホンをとる契約を結んだようだ。

リドリー・スコットと「X-MEN」シリーズのプロデューサー、サイモン・キンバーグが製作を務める同作は、エクアドル人の麻薬王が米国にコカインを密輸するため、不祥事を起こした米海軍将校に潜水艦を操縦させて沿岸警備隊の厳重な警備をかいくぐろうとするスリラー。「デンジャラス・ラン」「ゲットバック」のデビッド・グッゲンハイムが執筆した脚本を、キンバーグとアンソニー・ペッカム(「シャーロック・ホームズ」)がリライトした。

フークア監督の次回作は、ジェイク・ギレンホール主演のボクシング映画「サウスポー(Southpaw)」に決定しているため、「Narco Sub」に取りかかる時期は未定だ。MGMはリメイク版「荒野の七人」の主演にブラッド・ピットを希望しており、ソニーの「イコライザー2」では1作目の脚本家リチャード・ウェンクが続投することがすでに決定している。この2作品でもメガホンをとるのか、今後もフークア監督の動向に注目が集まりそうだ。

トレーニング デイ」(2001)でアカデミー賞主演男優賞を受賞したデンゼル・ワシントンがフークア監督と再タッグを組む「イコライザー」は、80年代のテレビドラマ「ザ・シークレット・ハンター」シリーズのリメイク。ワシントンが元諜報員の探偵ロバート・マッコールに扮し、若手女優のクロエ・グレース・モレッツが娼婦役で共演する。9月26日に全米公開予定。

ティアーズ・オブ・ザ・サン[Blu-ray/ブルーレイ] ティアーズ・オブ・ザ・サン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,486 内戦下のナイジェリアで史上最も苛酷な救出ミッションに挑む、ブルース・ウィリス主演による戦争アクション大作!監督:アントワン・フークア
クロッシング[Blu-ray/ブルーレイ] クロッシング[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,560 ニューヨークの犯罪多発地区ブルックリンで働く退職目前のベテラン警官エディ、麻薬捜査官のサル、危険な潜入捜査官の任務に就くタンゴの3人の刑事たちを通して、正義の在り方を問うクライム・サスペンス×アクション。監督:アントワン・フークア

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi