新バットマン役ベン・アフレック、クリスチャン・ベールからのアドバイスとは? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月12日 > 新バットマン役ベン・アフレック、クリスチャン・ベールからのアドバイスとは?
メニュー

新バットマン役ベン・アフレック、クリスチャン・ベールからのアドバイスとは?

2015年7月12日 12:30

コミコンに出席したベン・ アフレック(右)とヘンリー・カビル「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」

コミコンに出席したベン・
アフレック(右)とヘンリー・カビル
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ワーナー・ブラザースが7月11日(現地時間)、米サンディエゴで開催中の「サンディエゴ・コミコン・インターナショナル」でプレゼンテーションを実施し、アクション大作「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」でバットマンを演じるベン・アフレック、スーパーマン役のヘンリー・カビル、メガホンをとったザック・スナイダー監督らが出席した。

アフレックはバットマン役に決定してから息子のハロウイーンの衣装を買いに行った時、「ダークナイト」3部作でバットマンを演じたクリスチャン・ベールに遭遇。「スーツのなかで用を足せるようにしておいたほうがいい」とアドバイスされたことを明かした。

さらにこの場でお披露目された予告編で、ジェシー・アイゼンバーグ扮するレックス・ルーサーの姿が明らかに。「マン・オブ・スティール」に続きメガホンをとったスナイダー監督は、バットマンの舞台であるゴッサム・シティと、スーパーマンの舞台であるメトロポリスが、サンフランシスコとオークランドのよう対岸に位置する街という設定になっていると語った。

6500人のファンが詰めかけたサンディエゴ・コンベンションセンターのホールHには、DCコミックスの悪役集団を描く「スーサイド・スクワッド(原題)」のウィル・スミスマーゴット・ロビーらキャストと、メガホンをとるデビッド・エアー監督が、前夜もカナダ・トロントで撮影していたのにもかかわらず会場に駆けつけ、フッテージ映像をお披露目した。

また、ワーナー×DCの今後の新たなラインナップが発表された。「ワンダーウーマン(原題)」「フラッシュ(原題)」「アクアマン(原題)」「ジャスティス・リーグ(原題)」2部作、「サイボーグ(原題)」に加え、「グリーン・ランタン コープス(原題)」が製作される。公開日などタイトル以外のことは明らかになっていない。

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」は2016年3月公開。

【初回数量限定生産】マン・オブ・スティール 3D&2D ブルーレ...[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回数量限定生産】マン・オブ・スティール 3D&2D ブルーレ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 地球をめぐり最強のヒーローと最凶の侵略者とのバトルを驚愕のスケールで描く、アクション・エンターテイメント!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi