ワーナーがDCコミック映画10作品のラインアップを発表 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月20日 > ワーナーがDCコミック映画10作品のラインアップを発表
メニュー

ワーナーがDCコミック映画10作品のラインアップを発表

2014年10月20日 11:20

5年のあいだに10作品のアメコミ映画を公開!「バットマン」

5年のあいだに10作品のアメコミ映画を公開!
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ワーナーがDCコミック原作のアメコミ映画10作品のラインアップを発表したと、ハリウッド・レポーター誌が報じた。ワーナーは現在撮影中の「バットマンVスーパーマン」が全米公開となる2016年から2020年までのDCコミック関連映画10作品のラインアップを発表。これまでさまざまな情報が錯綜していたが、正式にタイトルが発表されたのは今回がはじめて。たった5年のあいだに10作品のアメコミ映画を公開するというかなり意欲的な計画だが、さらに「スーパーマン」や「バットマン」の単独映画が加わる可能性もあるという。

また、ワーナーはJ・K・ローリング氏が2001年に出版した「幻の動物とその生息地」を原作にした「ハリー・ポッター」スピンオフ三部作を2016年、2018年、2020年に公開すると発表。こちらはローリング自身が脚本を手がけ、デビッド・イェーツ監督がメガホンを握ることになる。

さらに、「LEGOムービー」のスピンオフである「Ninjago(原題)」を2016年、「LEGOバットマンムービー(原題)」を2017年、「LEGOムービー2(原題)」2018年に公開すると発表している。

DCコミック原作のアメコミ映画のラインアップは以下の通り。

2016年
「バットマン V スーパーマン(原題)」(ザック・スナイダー監督)
「スーサイド・スクワッド(原題)」(デビッド・エアー監督)

2017年
「ワンダーウーマン(原題)」(ガル・ガドット主演)
「ジャスティス・リーグ Part 1(原題)」(ザック・スナイダー監督)

2018年
ザ・フラッシュ(原題)」(エズラ・ミラー主演)
アクアマン(原題)」(ジェイソン・モモア主演)

2019年
「シャザーム(原題)」
「ジャスティス・リーグ Part 2(原題)」(ザック・スナイダー監督)

2020年
「サイボーグ(原題)」(レイ・フィッシャー主演)
「グリーン・ランタン(原題)」

スーパーマン ディレクターズカット版[Blu-ray/ブルーレイ] スーパーマン ディレクターズカット版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,063 亡の危機に瀕していた惑星クリプトンから、ひとり地球へ脱出させられた赤ん坊。やがて成長した彼は、正義と真実を守るためスーパーマンに変身し、事件を解決していった。だが、彼の行く手を阻む敵が現れる。永
バットマン[Blu-ray/ブルーレイ] バットマン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,063 犯罪都市ゴッサムシティを舞台に悪と戦う正義のヒーロー、バットマンの活躍を描いた大人気シリーズ第1弾。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi