DAIGO、吉田羊、杉咲花が昆虫たちに息吹を注ぐ 3D昆虫ドキュメンタリー映画でナレーション : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年6月4日 > DAIGO、吉田羊、杉咲花が昆虫たちに息吹を注ぐ 3D昆虫ドキュメンタリー映画でナレーション
メニュー

DAIGO、吉田羊、杉咲花が昆虫たちに息吹を注ぐ 3D昆虫ドキュメンタリー映画でナレーション

2015年6月4日 05:00

DAIGO、吉田羊、杉咲花が3D昆虫ドキュメンタリーでナレーション「アリのままでいたい」

DAIGO、吉田羊、杉咲花が3D昆虫ドキュメンタリーでナレーション
(C)2015「アリのままでいたい」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本に生息する50種類以上の昆虫に迫った3D昆虫ドキュメンタリー映画「アリのままでいたい」に、歌手でタレントのDAIGO、女優の吉田羊杉咲花がナレーションとして参加することがわかった。

同作は、「アリの目カメラ」と呼ばれる特殊なカメラを使用し、昆虫たちに限界まで接近して撮影することに成功したドキュメンタリー。樹液をめぐる昆虫同士の戦いなど、壮絶な生存競争の模様を、観客自身が虫になったかのような臨場感で楽しむことができる。樹液を求めて戦うカブトムシを中心に、多彩な表情を見せる昆虫たちのシーンでナレーションを担当したDAIGOは、細部まで映し出された昆虫の世界に圧倒された様子で「この映画を見れば虫が大好きになるし、虫のことを無視できなくなると思います!」とコメントを寄せている。

圧巻のハンティングを披露するカマキリのシーンでナレーションを担当する吉田は、「命を営んでいくっていうのは犠牲を払うことで、私たち人間は感謝してその命を頂かないといけないと改めて思いました」と真摯な口調。そのカマキリが狩りの腕も未熟な若年期を担当した杉咲も、「昆虫の生存競争のシーンはとてもショッキングでした。でも、人間もそうであるように生きているものを食べていくということに感謝しなければいけないし、とても大事なことだと思いました」と語っている。

鴨下潔監督は、DAIGOに「話しかけるようにナレーションを読んでほしい」「『身近』であることを意識してほしい」と依頼し、カマキリを壮年期と若年期で吉田と杉咲にわけたのも、「年代にあった年齢層の方にボイスキャストをお願いしたほうが、より身近で感情移入しやすいと思ったから」とこだわりを説明。「ドキュメンタリーでありながらエンタテインメント満点に映画を仕上げることができたと思います」と話している。7月11日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi