福山雅治、昆虫ドキュメンタリー映画で主題歌 故郷での夏休みを歌った「蜜柑色の夏休み」を新録 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年5月12日 > 福山雅治、昆虫ドキュメンタリー映画で主題歌 故郷での夏休みを歌った「蜜柑色の夏休み」を新録
メニュー

福山雅治、昆虫ドキュメンタリー映画で主題歌 故郷での夏休みを歌った「蜜柑色の夏休み」を新録

2015年5月12日 05:00

福山雅治が、昆虫ドキュメンタリー映画で主題歌「アリのままでいたい」

福山雅治が、昆虫ドキュメンタリー映画で主題歌
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 歌手の福山雅治が、3D昆虫ドキュメンタリー映画「アリのままでいたい」の主題歌を担当することになった。2001年に発売されたアルバム「f」に収録されている「蜜柑色の夏休み」を新たにレコーディングした「蜜柑色の夏休み 2015」が主題歌となる。

アリのままでいたい」は、「アリの目カメラ」と呼ばれる特殊なカメラを用い、昆虫たちの超クローズアップ映像の撮影に成功したドキュメンタリー。カブトムシやクワガタムシが樹液をめぐって繰り広げる死闘、カマキリのハンティングの様子など、昆虫たちの壮絶な生存競争を迫力の3D映像で描き、観客自身がまるで昆虫になったかのような体験をすることができるという。

長崎県在住の昆虫写真家・栗林慧氏が撮影を担当し、撮影地も長崎県が中心。そうしたことから、栗林氏と同郷の長崎出身であり、NHKの自然番組にも出演して昆虫や動物、自然にも造詣の深い福山の「蜜柑色の夏休み」が主題歌に起用されることになった。

同楽曲の歌詞にはカブトムシやクワガタといったワードが登場し、福山が長崎で過ごした子どもの頃の夏休みの思い出がつづられている。映画制作サイドから受けたオファーを快諾した福山は、「15年近く前の楽曲でもあったので、今回歌は新たにレコーディングしました。楽器もダビングして、MIXも新たに行いました。基本のアレンジは変えていないので、建築で言えば“リノベーション”という感じでしょうか」と、映画のために「蜜柑色の夏休み 2015」を完成させた。

映画については「僕自身も子どもの頃、地元長崎でセミやクワガタやカブトムシなどをつかまえて遊んでいたことを思い出します。長崎の自然、そこで繰り広げられる生き物たちの生命の物語。自然の厳しさと美しさを、この映画で感じていただけたら」とコメントを寄せている。

アリのままでいたい」は7月11日全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi