ディズニーが作品内での禁煙をピクサー、ルーカスフィルム、マーベル作品にも適用 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年3月25日 > ディズニーが作品内での禁煙をピクサー、ルーカスフィルム、マーベル作品にも適用
メニュー

ディズニーが作品内での禁煙をピクサー、ルーカスフィルム、マーベル作品にも適用

2015年3月25日 15:30

喫煙シーン廃止へ

喫煙シーン廃止へ
写真:Science Photo Library/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 自社作品内での喫煙シーンを廃止している米ウォルト•ディズニーが、マーベルやルーカスフィルム、ピクサーといった関連会社作品でも同様のルールを適用することになったと、The Wrapが報じた。

同社の株主総会の質疑応答の際、参加者からマーベル作品の喫煙シーンへの対応を求められたロバート・アイガー最高経営責任者は、ディズニー傘下のすべての関連会社の作品でも徹底していくと発言。2012年、米公衆衛生局長官は映画やテレビでの喫煙場面が、未成年の喫煙を助長させているとの調査結果を発表した。

これを受けて、ディズニーは自社作品での喫煙場面を禁止。そのため、2014年に公開されたディズニー作品において喫煙場面はひとつもない。しかし、ディズニー傘下のマーベル作品ではその43%で喫煙場面があることから、対応を求められていた。今後はディズニーのみならず、マーベル、ルーカスフィルム、ピクサーで同様のルールが適用されることになるが、過去の人物を描く場合、例外的に喫煙を認める場合もあるという。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi