「『フューリー』をぜひ見てほしい!」ゴルゴ松本、今度は新社会人に「魂の授業」! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年3月19日 > 「『フューリー』をぜひ見てほしい!」ゴルゴ松本、今度は新社会人に「魂の授業」!
メニュー

「『フューリー』をぜひ見てほしい!」ゴルゴ松本、今度は新社会人に「魂の授業」!

2015年3月19日 14:45

熱いトークを繰り広げたTIMの2人「フューリー」

熱いトークを繰り広げたTIMの2人
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ブラッド・ピットが主演と製作総指揮を兼ねた戦争アクション「フューリー」のブルーレイ&DVD発売記念イベントが3月18日に都内で行われた。この日は、数年前から全国各地の少年院で「漢字を使った魂の授業」を行っているお笑いコンビ「TIM」のゴルゴ松本が、本作のキャッチコピー「胸が熱く滾(たぎ)る傑作」にちなみ、4月から新社会人になるフレッシャーズたちに向けて「滾る授業」を実施した。

ゴルゴはホワイトボードを使いながら熱のこもった口調で、五十音が「あ・い」=「」で始まり、「を・ん」=「恩」で終わることなどを指摘しながら、日本語の奥深さを訴えた。その上で「一方、英語ではI=『あい』の前にくるアルファベットはH=『エッチ』ですよ。こんな言語を話す国には負けていられないですよ!」と独自の解釈を展開し、会場の笑いを誘った。

さらに、ゴルゴとレッド吉田の2人がフレッシャーズたちから寄せられた悩みや相談に答えた。「社会に出て苦手な人と上手に付き合うコツは?」という相談に対して、ゴルゴは「苦手だな、嫌だなと思う人がいたらその人の良いところを探すようにしてください。ほめられる点を見つけて実際にほめてあげればきっと上手くいきます。最近の僕は女性全員を好きになろうとしていますから」とアドバイス。さらにレッドが「新社会人の皆さんにとって、『フューリー』は上司との付き合い方などを知るヒントになる映画だと思います」と言うと、ゴルゴも「会社という名の“戦場”にあてはめながら見ることができる作品なので、しっかり見てもらいたいです」と太鼓判を押した。

第2次世界大戦下のヨーロッパ戦線を舞台に、たった1台の戦車で300人のドイツ精鋭部隊を迎え撃った5人の兵士たちの絆を、実戦経験のない新兵が戦場の現実を目の当たりにし、成長していくさまを通じて描く。

フューリー」ブルーレイ&DVDは現在発売中&レンタル中。

フューリー プレミアム・エディション【初回生産限定】[Blu-ray/ブルーレイ] フューリー プレミアム・エディション【初回生産限定】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,458 第二次世界大戦末期の時代、戦車“フューリー”を駆るウォーダディー率いる5人のチームが、世界最強の独・ティーガー戦車との死闘という絶望的なミッションに身を投じていく姿を描く戦争ドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi