「ガルパン」渕上舞、「フューリー」でも声優を務め戦闘場面に大興奮 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年2月6日 > 「ガルパン」渕上舞、「フューリー」でも声優を務め戦闘場面に大興奮
メニュー

「ガルパン」渕上舞、「フューリー」でも声優を務め戦闘場面に大興奮

2015年2月6日 17:45

(左上)インタビューに応じた渕上舞 (下)「フューリー」の一場面「フューリー」

(左上)インタビューに応じた渕上舞
(下)「フューリー」の一場面
(C)2014 Norman Licensing, LLC. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ブラッド・ピットが主演と製作総指揮を兼ねた戦争アクションドラマ「フューリー」ブルーレイ&DVDの日本語吹き替え版で声優を務めた渕上舞が、インタビューに応じた。

1945年4月、第二次世界大戦・ヨーロッパ戦線の終結4週間前を背景に、たった1台の戦車で300人のドイツ軍部隊に立ち向かった5人の米軍兵士の姿を描く。

渕上は、連合軍に制圧された北ドイツの小さな村で、ローガン・ラーマン扮する米軍兵士ノーマンと恋に落ちる少女エマをドイツ語で演じた。「ドイツ語はもちろん、英語の経験もあまりなかったので本当に大変でした。特に急きょ収録することになった歌のシーンは本当に難しかったです」と述懐。そんな中、ドイツ出身の声優・木村昴から現場でドイツ語の指導を受けたといい、「もちろん緊張しましたが、安心して収録することができました」と話す。

同作の最大の見どころは、映画史上初めて本物のティーガー戦車を使用した臨場感あふれる戦闘シーン。渕上は、少女たちが戦車を運用する世界を描いたアニメ「ガールズ&パンツァー」で主人公・西住みほ役を演じていることもあり、戦車が登場するシーンは特に興味深かったようだ。「戦車としての能力で遥かに勝っているドイツ軍のティーガーに対して、米軍の戦車シャーマンに乗る兵士たちが巧みな戦術やチームワークで向かっていくシーンがとてもかっこよかったです。両方の戦車が向かい合うシーンで鳥肌が立ち、『今! 今! 今! 今! 撃て! 撃て! 撃て!』みたいに声を出しそうになりました(笑)」。

その一方で、「どんどん人が死んでいく壮絶な様子に圧倒され恐怖を感じました」と吐露。「この映画を見ると、人が死ぬということが普通になっている世界に恐ろしさを感じていただけると思います。“戦車や5人の登場人物のかっこよさ”と“戦争の残酷さ”の2つが描かれている作品です」と語った。

フューリー」ブルーレイ&DVD は3月18日発売、3月11日レンタル開始。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi