高良健吾&尾野真千子「きみはいい子」、文科省「特選」に決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年3月9日 > 高良健吾&尾野真千子「きみはいい子」、文科省「特選」に決定!
メニュー

高良健吾&尾野真千子「きみはいい子」、文科省「特選」に決定!

2015年3月9日 05:00

呉美保監督作「きみはいい子」「きみはいい子」

呉美保監督作「きみはいい子」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アークエンタテインメント配給「きみはいい子」は、文部科学省特別選定作品(青年向き、成人向き、家庭向き)に決定した。6月に東京・テアトル新宿ほか全国で公開される。

同作は第28回坪田譲治文学賞、2013年本屋大賞4位に輝いた小説「きみはいい子」(中脇初枝著/ポプラ社刊)を映画化するもの。昨年公開の「そこのみにて光輝く」で映画賞を総なめにし、注目を集める呉美保監督がメガホンをとった。問題に真っ向から立ち向かえない教師、幼い頃のトラウマによって自分の子どもを傷つけてしまう親など、現代社会が抱える様々な問題を描きつつ、「ひとがひとを愛するということ」を真摯に描き出す。

出演は高良健吾尾野真千子池脇千鶴高橋和也富田靖子ら。脚本は高田亮。音楽は田中拓人。製作プロダクションをアークエンタテインメントが務めた。(文化通信)

そこのみにて光輝く 豪華版【DVD】[DVD] そこのみにて光輝く 豪華版【DVD】[DVD] 最安価格: ¥3,629 何度も芥川賞候補に挙げられながらも賞に恵まれず、41歳で自ら命を絶った不遇の作家・佐藤泰志。短い函館の夏を舞台に、生きる目的を見失った男と愛を諦めた女との出会い、そして底辺で生きる家族を慈しむような眼差しで描き、唯一の長編小説にして最高傑作と言われる「そこのみにて光輝く」の、発刊から24年を経て綾野剛を主演に映画化した作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi