日本が誇るアクション監督・谷垣健治&下村勇二がジャッキー・チェンのすごさを解説! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年2月16日 > 日本が誇るアクション監督・谷垣健治&下村勇二がジャッキー・チェンのすごさを解説!
メニュー

日本が誇るアクション監督・谷垣健治&下村勇二がジャッキー・チェンのすごさを解説!

2015年2月16日 16:10

アクション監督の下村勇二&谷垣健治「プロジェクトA」

アクション監督の下村勇二&谷垣健治
[拡大画像]

[映画.com ニュース] TOHOシネマズ有楽座の閉館を前に2月15日、かつて同館のラインナップを彩ったジャッキー・チェンの数々の名作の中から「プロジェクトA」がリバイバル上映された。ゲストとして日本を代表するアクション監督の谷垣健治下村勇二が来場し、ジャッキーのアクションについて熱いトークを繰り広げた。

58年の歴史を誇る同館にあって、これまでにジャッキー作品は12本が封切られている。谷垣、下村、2人の先輩で飛び入り参加した坂本浩一の共通点は、子ども時代にテレビや映画でジャッキーに憧れ、アクションの道に進んだことだ。

谷垣は、ジャッキーが20代後半に挑んだ「プロジェクトA」を、アクションの「時代を変えた1本」と絶賛。本編ではカットされたジャッキーとユン・ピョウの格闘シーンをスクリーンに映し、それまでのカンフー路線から格闘スタントを多く取り入れた点に触れ、「スタント1点に集中している勇気がすごい。僕らがいま、やろうとしていることに30年前にすでに取り組んでいる。(カットされた理由は)時代に早すぎたからだと思う。明らかにカンフーとは違う衝撃があった」と熱弁をふるう。

時計台からの落下シーンが有名だが、下村は「ジャッキーは落ちても立ち上がる(笑)。最近のアクションだと、リアル志向なので死んじゃうんです」と嗜好の変化にも言及。米映画「プライベート・ライアン」がリアリティ追及の流れをつくった作品であると語り、日本でも2000年代にそうした傾向が強くなったと解説していた。

TOHOシネマズ有楽座は、2月27日で閉館。閉館まで毎週日曜日にリバイバル上映を開催中。

プロジェクトA[Blu-ray/ブルーレイ] プロジェクトA[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 海賊退治に乗り出した海上警察隊員の活躍を描く、ジャッキー・チェン、ユン・ピョウ、サモ・ハン・キンポーの香港三大スター共演による痛快カンフーアクション!
プライベート・ライアン スペシャル・コレクターズ・エディション【...[Blu-ray/ブルーレイ] プライベート・ライアン スペシャル・コレクターズ・エディション【...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - ある兵士を故郷へ送り返すという指令を受けた、8人のアメリカ兵たちの命がけの救出劇を描いた物語。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi