リリー・フランキーが盲目の貝類学者に 日米合作「シェル・コレクター」主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年1月19日 > リリー・フランキーが盲目の貝類学者に 日米合作「シェル・コレクター」主演
メニュー

リリー・フランキーが盲目の貝類学者に 日米合作「シェル・コレクター」主演

2015年1月19日 08:00

盲目の貝類学者に扮するリリー・フランキーと共演の (下段左から)寺島しのぶ、池松壮亮、橋本愛「シェル・コレクター」

盲目の貝類学者に扮するリリー・フランキーと共演の
(下段左から)寺島しのぶ、池松壮亮、橋本愛
[拡大画像]

[映画.com ニュース] リリー・フランキーが日米合作の映画「シェル・コレクター」に主演し、目の不自由な貝類学者の主人公を演じることがわかった。共演には寺島しのぶ池松壮亮橋本愛といった豪華キャストが並ぶ。

原作は米作家アンソニー・ドーアのデビュー作で、O・ヘンリー賞ほか多数の文学賞を受賞した同名短編集(新潮社刊)。リリー扮する主人公は、貝の美しさと謎に魅了され、盲目ながらも貝類学の世界で成功を成し遂げた学者という役どころだ。妻子と離れ、沖縄の孤島で貝を収集しながら静かに生活していた学者の前に、ある日、奇病を患った女性画家いづみが現れる。学者は貝の毒を用いていづみの奇病を治すことに成功するが、それを知った人々が貝毒による奇跡的な治療法を求めて島に押し寄せ、静かだった学者の日々は次第に狂い始めていく。

メガホンをとるのは、デビュー作「美代子阿佐ヶ谷気分」がロッテルダム映画祭タイガーアワードコンペ部門に出品され、イタリア・ペサロ映画祭、シネマ・デジタル・ソウル映画祭などで受賞を重ねた坪田義史監督。原作にほれ込んだ坪田監督が、「美しい自然に対峙する人間を描くには、日本では沖縄しかない」と、舞台設定を沖縄の離島に置き換えて映画化する。

リリーは、出演を決めた理由を「原作、脚本を読んで、かつ、坪田監督の前作『美代子阿佐ヶ谷気分』を見て、日本映画には珍しい絵画的なユニークな作品になると思い、出演を決めました」と説明。盲目の学者という難役を演じるにあたり、「『見える=自由』『見えない=不自由』といった単純な図式では計れないものを、盲目の貝類学者を演じることで表現できればと思います」と話している。

島に流れ着き、学者と同居生活を始める画家いづみに寺島が扮し、池松は学者の息子・光を、橋本はいづみと同じ奇病に冒された島の有力者の娘・嶌子を演じる。撮影はオール沖縄ロケで行われており、2月上旬クランクアップ予定。2016年公開。

美代子阿佐ヶ谷気分[DVD] 美代子阿佐ヶ谷気分[DVD] 最安価格: - 1970年代、阿佐ヶ谷で同棲生活を送っていた漫画家・安部愼一と恋人で後の妻である美代子との2人の愛の変遷を描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi