ハードボイルドな新作「ケープタウン」で見せるオーランド・ブルームの決意 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年8月29日 > ハードボイルドな新作「ケープタウン」で見せるオーランド・ブルームの決意
メニュー

ハードボイルドな新作「ケープタウン」で見せるオーランド・ブルームの決意

2014年8月29日 17:40

ドラッグ浸けの刑事ブライアンに扮するオーランド・ブルーム「ケープタウン」

ドラッグ浸けの刑事ブライアンに扮するオーランド・ブルーム
(C)Kazuko WAKAYAMA
[拡大画像]

[映画.com ニュース] もう“オーリー”などとは言わせない、というオーランド・ブルームの決意が伝わってくるような、ハードボイルドな新作「ケープタウン」が公開になる。南アフリカを舞台に、ふたりの刑事がある殺人事件を調べるうちに組織的な陰謀と直面する、バイオレントで緊張感あふれるサスペンスアクションだ。フォレスト・ウィテカーとコンビを組むブルームは、妻子に見放され、ドラッグとアルコール浸けになった刑事ブライアンに扮する。取材ではすっかりこざっぱりとしたルックスに戻っていたブルームだが、これほどダーティな役柄にひかれた理由を、熱のこもった口調で語ってくれた。(取材・文/佐藤久理子)

「この作品は僕にとってギフトのようだった。こういう役柄をもう5年ぐらい待っていたんだ。『ロード・オブ・ザ・リング』を撮り始めたとき僕は21歳で、そのあと『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズが続いた。こうしたシリーズでは観客が期待しているものがあって、それを全うしなければならない。でもその後僕はブロックバスターから抜け出して、もっと俳優として異なるスキルの必要とされる役を演じなければだめだと思った。それでようやくめぐり会ったのが本作というわけだ。一見レイ・ウィンストンあたりが似合いそうなタフなキャラクターなのに(笑)、監督は僕を信頼して役をくれた。だから役作りには全身全霊をかけたよ」

たしかに本作では、一瞥(いちべつ)しただけではブルームとわからないほどに彼は変貌を遂げている。鍛え抜いた筋肉質のボディ、その一方でストレスと不摂生が刻まれたような、疲れた横顔。準備には約1年の歳月をかけたという。「トレーニングはとてもハードだった。3カ月は厳しいダイエットに耐え、いつもただローストしただけのチキンなど同じ料理を食べ続けた。幸運にもアフリカのビーフジャーキーはとても美味しかったけれど(笑)」

南アで撮影したのは初めてというブルーム。実は13歳まで実父だと信じていた義父は南ア出身であり、それだけに思い入れも深かったと語る。

「僕が4歳のときに亡くなってからも、長いこと実父と思っていたから、その意味でも南アを訪れるのは感慨深かった。撮影はとてもパワフルな経験だったよ。僕自身は身の危険を感じるようなことはなかったけれど、あるとき僕の泊まっている場所の5軒先に強盗が入り、家主が刺された。あそこでは毎年約500人の警官が亡くなり、その半数以上が自殺だという。それだけタフってことさ。こういう情報が役を理解するのにとても役立った。観客がこの映画を見ながら、オーランド・ブルームを忘れてブライアンというキャラクターにひき込まれてくれたら本望だよ」

ケープタウン」は、8月30日から新宿バルト9ほかで公開。

エリザベスタウン スペシャル・コレクターズ・エディション[DVD] エリザベスタウン スペシャル・コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: ¥991 全てを失い人生のどん底に落ちた一人の青年が様々な人々との交流の中で、再生していく姿を描いた感動作。
ブラックホーク・ダウン[DVD] ブラックホーク・ダウン[DVD] 最安価格: ¥927 ジェリー・ブラッカイマー製作×リドリー・スコット監督がソマリア紛争の真実を描いた戦争アクション大作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi