オーランド・ブルームが7年ぶりの来日、新境地の自堕落な刑事役に手応え : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年8月27日 > オーランド・ブルームが7年ぶりの来日、新境地の自堕落な刑事役に手応え
メニュー

オーランド・ブルームが7年ぶりの来日、新境地の自堕落な刑事役に手応え

2014年8月27日 13:34

7年ぶりに来日したオーランド・ブルームと会見ゲストの佐々木希「ケープタウン」

7年ぶりに来日したオーランド・ブルームと会見ゲストの佐々木希
[拡大画像]

[映画.com ニュース]俳優オーランド・ブルームが主演映画「ケープタウン」を携え7年ぶりの来日を果たし、8月27日に都内で行なわれた会見に出席した。

公式来日は「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」以来となるが、ブルームは「初めて日本に来たのは『ロード・オブ・ザ・リング』の時で、確か23歳でした。それからいつも、ここに帰って来たいと思っていたよ」と笑顔で挨拶。昨日、羽田空港に到着し、ファン300人に迎えられたが、その後、都内を散策したそうで「原宿や渋谷にも行ったし、公園を歩いたり、おいしい日本食も食べたよ。日本のユースカルチャーはユニークでどこにもないものだと思う。若者たちがユニークであることを大切にするのは素晴らしいことだと思います」と親日家の一面を見せる。

映画は南アフリカのケープタウンで起こった殺人事件を描く。ブルームは、仕事はできるが女にだらしなく、酒を手放すことが出来ない刑事というこれまでにないタイプの役柄で新境地を開いたが「このキャラクターが(出演の)決め手だったね。自堕落なんだけど矜持や倫理、価値観を持っていて、演じがいのある男だと思ったんだ」と語る。

撮影は実際に南アフリカで行われたが「撮影の4~6週間ほど前から現地に入ったんだけど、その時間で南アフリカという地で警察官として、男として生きることの意味を理解したし、人々の生活の厳しさも実際に目にしました。そうしたことを鑑みて、(自身が演じた)ブライアンが現実を直視したくなくて、アルコールやタバコに依存していくというのを理解することが出来たよ。現地のアクセントも学んだし、南アフリカに多い典型的なマッチョになるために6か月ほど、ウエイトトレーニングや有酸素運動、食事制限も行ったんだ」とフィジカルと内面両面での役作りについて明かした。

会見にはゲストとしてブルーム出演の「エリザベスタウン」が大好きという佐々木希も来場し花束を手渡した。佐々木は生ブルームに「オーラがすごいし顔も小さい!」とメロメロ。ブルームは「ぜひ佐々木さんに今後のヨーロッパプロモーションも付いて来ていただきたいです」と笑顔を見せていた。

ケープタウン」は8月30日より公開。

エリザベスタウン スペシャル・コレクターズ・エディション[DVD] エリザベスタウン スペシャル・コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: ¥991 全てを失い人生のどん底に落ちた一人の青年が様々な人々との交流の中で、再生していく姿を描いた感動作。
キングダム・オブ・ヘブン<ディレクターズ・カット>[Blu-ray/ブルーレイ] キングダム・オブ・ヘブン<ディレクターズ・カット>[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,063 12世紀フランス、妻子を失い生きる望みを失った鍛冶屋の青年バリアンのもとに実の父親と名乗る十字軍の騎士ゴッドフリーが現れた。“キングダム・オブ・ヘブン”(天国の王国)を作るという理想を胸に、2人は聖地エルサレムへと旅立つ…。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi