“ベティーちゃん”が長編映画化!サイモン・コーウェルがプロデュース : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年8月19日 > “ベティーちゃん”が長編映画化!サイモン・コーウェルがプロデュース
メニュー

“ベティーちゃん”が長編映画化!サイモン・コーウェルがプロデュース

2014年8月19日 12:30

ベティー・ブープがスクリーンで復活!「ロジャー・ラビット」

ベティー・ブープがスクリーンで復活!
写真:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] “ベティーちゃん”の愛称で親しまれている人気キャラクター、ベティー・ブープが、実写とアニメーションの合成で長編映画化されることが発表された。

ベティーが映画に登場するのは、1988年の「ロジャー・ラビット」(ロバート・ゼメキス監督)以来。現時点ではタイトルは未定だが、音楽を主体としたコメディ作品になるようだ。

プロデュースを務めるのは、英オーディション番組「Xファクター」でボーイズバンド「ワン・ダイレクション」のメンバーら、数多くのスターを見いだしてきた敏腕音楽プロデューサーのサイモン・コーウェル。「ベティーはアイコンであり、世界で最もビッグなスターのひとりだ。彼女と仕事ができるのを楽しみにしている」とコメントしており、「ベティー、これまでにも実力あるディーバたちと仕事をしたが、君がいちばんの大物かもしれない」と、“歌姫”とのコラボレーションに期待を寄せた。

ベティーは、1930年にデイブ&マックス・フライシャー兄弟によるモノクロ短編アニメーション映画「Dizzy Dishes(原題)」に初登場して以降、キュートでセクシーな女性キャラクターとして長年にわたり愛され続け、100本以上の短編映画が制作されてきた。日本でもCMなどに登場したほか、キャラクターグッズが多数展開され人気を誇っている。

コーウェルの音楽・映像制作会社サイコ・エンタテインメントと、「ハッピー フィート」や「LEGO(R) ムービー」を手がけてきたアニマル・ロジック・スタジオズ、キャラクターの権利を有するフライシャー・スタジオが共同で製作。全米では2016年の公開を予定している。

ロジャー・ラビット 25周年記念版[Blu-ray/ブルーレイ] ロジャー・ラビット 25周年記念版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,175 製作スティーブン・スピルバーグ、監督ロバート・ゼメキスが贈る、実写とアニメーションの完全なる融合を達成し、1988年アカデミー賞視覚効果賞、編集賞等を受賞した映画史に残る革新的な作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi