東京国際映画祭受賞作 馬視点で描く異色ドラマ「馬々と人間たち」11月公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年8月8日 > 東京国際映画祭受賞作 馬視点で描く異色ドラマ「馬々と人間たち」11月公開
メニュー

東京国際映画祭受賞作 馬視点で描く異色ドラマ「馬々と人間たち」11月公開

2014年8月8日 07:10

とびきりユニークな、馬と人の物語「馬々と人間たち」

とびきりユニークな、馬と人の物語
(C)Hrossabrestur2013
[拡大画像]

[映画.com ニュース]2013年の第26回東京国際映画祭コンペティション部門で最優秀監督賞を受賞した、ベネディクト・エルリングソン監督の「馬々と人間たち」が、11月上旬に全国で公開される。

本作は世界一平和で、男女平等の国といわれるアイスランドを舞台に、映画初ともいえるアイスランド馬を主役に据え、馬と人間との悲喜こもごもを“馬の視点”で描く異色作。ユニークな手法で雄大な自然、馬、人間の強固な絆を浮き彫りにし、エルリングソン監督が東京国際映画祭での会見で、「ハリウッド映画のルールは全て破っているかもしれない」と語ったとおり、その奇想天外なストーリー展開が見どころだ。

プロデューサーは「春にして君を想う」(1991)や、永瀬正敏主演「コールド・フィーバー」(95)を監督した名匠フリズリク・ソール・フリズリクソン。本作は、サンセバスチャン国際映画賞・最優秀作品賞を受賞、またアイスランドアカデミー賞6部門を制覇するなど、その驚きと笑いと感動のストーリーで、世界でも多くのファンを獲得している。

馬々と人間たち」は、11月上旬からシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi