春にして君を想う
ホーム > 作品情報 > 映画「春にして君を想う」
メニュー

春にして君を想う

劇場公開日

解説

アイスランドの幻想的な光景の中、故郷を目ざす2人の老人の姿を通じて、人間の孤独と不安、生と死、自然との関わりをつづった一編。監督・脚本はアイスランドの映画界のリーダー的存在で、永瀬正敏のビデオクリップの演出も手がけているフリドリック・トール・フリドリクソン。共同脚本はエイナル・マオル・グドゥムンソン、撮影はアリ・クリスティンソン。音楽はヒルマル・オルン・ヒルマルソンで、挿入歌はシュガーキューブスの『コールド・スウェット』。主演はアイスランド演劇界を代表するギスリ・ハルドルソンとシグリドゥル・ハーガリン。助演は「ベルリン・天使の詩」のブルーノ・ガンツら。サンレモ映画祭主演男優賞、アンリ・ラングロワ映画祭主演男優賞ほか各賞を受賞。

ストーリー

アイスランド北部に住む78歳の農夫ソウルゲイル(ギスリ・ハルドルソン)は農業に疲れ、首都レイキャビクに住む娘を訪ねるが、10代の孫娘は彼の世界とは遠く、理解を超えていた。一緒には住めないことを知り老人ホームに入った彼は、そこで幼なじみの老婦人ステラ(シグリドゥル・ハーガリン)と再会する。彼女は両親の眠る土地に戻って死にたいという夢を抱き、何度もホームから逃げ出そうとしていた。ソウルゲイルもまた思いは同じだった。彼らはある日、ホームを抜け出した。2人はスニーカーを履き、盗んだジープを走らせる。警察の検問をかいくぐり、一歩一歩目的地に近づく彼ら。ジープが故障し、やむなく乗り捨てて歩く2人は、ある山小屋の納屋にもぐり込んで月光に照らされながら眠る。神秘に満ちた旅が終わりを告げ、ようやく故郷の土地に着き、とある家に入った彼らは、椅子に腰を下ろす。充足感に満ちたステラの頭の中に、過ぎ去った出来ことが走馬灯のように浮かび上がる。ステラは外に出て思い出の場所を歩く。我に返ったソウルゲイルは彼女がいないのに気付き探しまわると、ステラは海岸に倒れて死んでいた。ソウルゲイルが彼女を埋葬し、裸足で山に登ると天使(ブルーノ・ガンツ)が現われ彼の汚れた足をさっと撫でた。捜索隊がヘリコプターでやってくると彼は逃げ、崖で霧の中に姿を消す。やがて霧が晴れても姿を現わさなかった。...

スタッフ

監督
フリドリック・トール・フリドリクソン
脚本
フリドリック・トール・フリドリクソン
エイナル・マオル・グドゥムンソン
撮影
アリ・クリスティンソン
美術
ゲイル・オッタル・ゲイルソン
アオルニ・パオッル・ヨハンソン
音楽
ヒルマル・オルン・ヒルマルソン
編集
Skule Erilsson
字幕
遠藤寿美子

作品データ

原題 Börn náttúrunnar
製作年 1991年
製作国 アイスランド・ドイツ・ノルウェー合作
配給 ケイブルホーグ=シネカノン
上映時間 82分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第64回 アカデミー賞(1992年)

ノミネート
外国語映画賞  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全2件)
  • 彼の地を想いかの果てへ向かう。 彼の地を想い彼の果てへ向かう。「#映像詩」という言葉があれば正にそれ。 アイスランドの幻想景に纏われたその物語は、もはや「#文学のイデオム 」でしか語れないのではないか?ただ、ただ素晴らしい。 ... ...続きを読む

    ちから ちからさん  2015年10月25日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 愛しいものを葬る美しさ 息を呑むほど美しい映像が続く。 まるでそこは緑に覆われた月面のような、私の知っている地球の景色ではない風景。 灰色の空、強い風、深い霧。 綿毛のような白く繊細な花が風に揺れる。 大きなスクリーン... ...続きを読む

    .ru .ruさん  2013年9月14日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi