「渇き。」小松菜奈、渋谷の映画館で“1日支配人” : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年7月26日 > 「渇き。」小松菜奈、渋谷の映画館で“1日支配人”
メニュー

「渇き。」小松菜奈、渋谷の映画館で“1日支配人”

2014年7月26日 15:10

“1日支配人”としてチラシ配りを行った小松菜奈「渇き。」

“1日支配人”としてチラシ配りを行った小松菜奈
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 鬼才・中島哲也監督の最新作「渇き。」でスクリーンデビューを果たした若手女優・小松菜奈が7月26日、若者でにぎわう東京・TOHOシネマズ渋谷で“1日支配人”を務めた。

同劇場のユニフォームに身を包んだ小松は、劇場ロビーで「渇き。」のチケットのもぎりに挑戦。最初は緊張気味だったものの、1枚1枚丁寧に思いを込めてチケットをもぎりながら、気さくに握手に応じるなど観客とのふれあいを楽しんだ。もぎり後は、「ご来場ありがとうございます。携帯の電源はお切り下さい」など上映前の前説も担当し、しっかりと支配人の業務を務めあげた。

今年の春に高校を卒業したばかりの小松は、初めての映画館業務に「映画が好きなので、映画館でバイトするのは楽しそうだなって思っていた。今日は貴重な体験ができた」と満足げ。来場者からは「2度目です」などの声も多く、リピーターも数多く見られたが「『渇き。』は見る度に違う見方ができる、楽しみ方ができる映画。何度も劇場に足を運んでくれる人がいてうれしい」と直に観客の反響を感じていた。

黒いシックな劇場スタッフの制服も、「通気性が良くて着心地もすごくいい」と抜群のプロポーションで着こなし。炎天下の中、劇場外でチラシ配りを行う女子高生たちの輪にも加わり、街行く人々に映画を宣伝した。

渇き。」は、作家・深町秋生氏のデビュー作「果てしなき渇き」を原作に、突然姿を消した娘・加奈子(小松)の足取りを追う元刑事の父親・藤島(役所広司)が、知られざる娘の“素顔”を知り愛憎を爆発させていく姿を描く。全国で公開中。

愛藏版 嫌われ松子の一生[DVD] 愛藏版 嫌われ松子の一生[DVD] 最安価格: ¥1,080 お姫様みたいに煌びやかで華やかな人生に憧れた一人の少女。しかし現実は、教師からソープ嬢、遂には殺人までも犯してしまった松子の壮絶な人生を描いた山田宗樹原作の同名小説を中島哲也監督が映像化した作品。
告白 特別価格版[DVD] 告白 特別価格版[DVD] 最安価格: ¥2,516 湊かなえ原作のベストセラーを、中島哲也監督が映画化!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi