主演作「渇き。」が賛否両論!役所広司「当然ですね」と誇らしげ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年7月5日 > 主演作「渇き。」が賛否両論!役所広司「当然ですね」と誇らしげ
メニュー

主演作「渇き。」が賛否両論!役所広司「当然ですね」と誇らしげ

2014年7月5日 18:50

賛否両論を巻き起こしている「渇き。」キャスト陣「渇き。」

賛否両論を巻き起こしている「渇き。」キャスト陣
[拡大画像]

[映画.com ニュース]俳優の役所広司が7月5日、東京・新宿バルト9で行われた「渇き。」のヒット御礼舞台挨拶に登壇した。現在、ネット上を中心に賛否両論が巻き起こるなか「当然ですね。賛否があるのは個性的な映画だという証拠だし、映画としては健全な状態」と誇らしげだった。

舞台挨拶には役所をはじめ、共演する小松菜奈、オダギリジョー、中谷美紀、4年ぶりのメガホンをとった中島哲也監督が登壇した。深町秋生氏のデビュー作「果てしなき渇き」を映画化。失踪した娘・加奈子(小松)の足取りを追う父親で元刑事の藤島(役所)が、自分だけが知らない娘の“素顔”に動揺し、内に秘めた狂気と愛憎をエスカレートさせていく。

映画デビューとなる本作で、衝撃的なヒロインを熱演した小松は「私自身、見終わった後、あ然として席を立てなかった」といい、「たくさんの意見があるんだなと思った。若い人たちがどう思うのか興味がある」と賛否両論に理解。「ぜひ、ご遠慮なく、皆さんの意見を聞かせてほしい」(中谷)、「ここ数年の日本映画で一番面白い。これを見ないなんて、もったいない」(オダギリ)と共演陣は余裕の表情だった。

過去には「告白」(2010)でも賛否両論を巻き起こした中島監督は、「賛否はお客さんの自由で、それを真正面から受け止めるのが監督の役目だと思う」と動じない姿勢。「人間の個性と同じで、好きな人もいれば、嫌いな人もいる。全員から『まあまあ』と言われるよりは全然いい」と胸を張った。

役所演じるダーティな父親像にも話題が集まっており、本人は「なんか『汚すぎる』『くさそう』という意見もあるようですが、毎日風呂に入っていたし、衣装も洗っていた。スクリーンからにおいそうなのは、スタッフさんのおかげ」と“身の潔白”を主張。小松も「全然くさくないですよ」と太鼓判を押していた。

告白 特別価格版[DVD] 告白 特別価格版[DVD] 最安価格: ¥2,479 湊かなえ原作のベストセラーを、中島哲也監督が映画化!
パコと魔法の絵本[Blu-ray/ブルーレイ] パコと魔法の絵本[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,044 ちょっと変わった人々が集まった病院を舞台に、わがまま放題のジジイと、記憶が1日しかもたない少女が出会ったことから起こる感動の物語。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi