成島出監督×吉永小百合「ふしぎな岬の物語」モントリオール世界映画祭に出品 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年7月9日 > 成島出監督×吉永小百合「ふしぎな岬の物語」モントリオール世界映画祭に出品
メニュー

成島出監督×吉永小百合「ふしぎな岬の物語」モントリオール世界映画祭に出品

2014年7月9日 05:00

ワールド・コンペティション部門に出品「ふしぎな岬の物語」

ワールド・コンペティション部門に出品
(C)2014「ふしぎな岬の物語」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本映画界を代表する女優・吉永小百合成島出監督とタッグを組んで自ら企画を立ち上げ、主演も務めた「ふしぎな岬の物語」が、8月21日からカナダで開催される第38回モントリオール世界映画祭のワールド・コンペティション部門に出品されることが決定した。

メガホンをとった成島監督は、「スタッフ、キャスト全員で丁寧に人と人との温かな絆の物語を紡いできた結果、海外の映画祭に出品できました。嬉しく思うとともに、我々が描こうとしていたテーマには世界に通じる普遍性があるのだと気付くことができました。心にじわっと温かさがあふれ出す、日本映画の原点に帰るような作品になったと思っております」と喜びのコメントを寄せた。成島監督にとって海外の映画祭のコンペティション部門への出品は今回が初めてとなる。

モントリオール世界映画祭は、国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の国際映画祭のうち北米で唯一のコンペ部門がある映画祭。日本映画は毎年高い評価を得ており、昨年は田中光敏監督、市川海老蔵主演の「利休にたずねよ」がワールド・コンペティション部門で最優秀芸術貢献賞を受賞した。今年は、綾野剛主演「そこのみにて光輝く」が同部門に出品されるほか、「サクラサク」「飛べ!ダコタ」「燦燦 さんさん」がフォーカス・オン・ワールド・シネマ部門で、「ぼくたちの家族」がワールド・グレイツ部門で上映される。

ふしぎな岬の物語」は、千葉県明鐘岬に実在する喫茶店をモチーフにつづられた、森沢明夫氏の小説「虹の岬の喫茶店」を原作に、岬のカフェの女店主と里の人々の交流を描いたヒューマンドラマ。店主・柏木悦子を演じる吉永を筆頭に、阿部寛竹内結子笑福亭鶴瓶ら豪華キャストが顔をそろえる。10月11日から全国で公開。

北のカナリアたち[Blu-ray/ブルーレイ] 北のカナリアたち[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,847 日本最北の地、稚内、サロベツ、利尻島、礼文島を舞台に、かつてない衝撃と感動の物語が描き出される。
草原の椅子[Blu-ray/ブルーレイ] 草原の椅子[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,044 日本から世界最後の桃源郷、フンザへ。それは、希望へ旅立つ物語。『八日目の蝉』『武士の家計簿』の製作スタッフが贈る感動作

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi