吉幾三、27年ぶり銀幕復帰!「ふしぎな岬の物語」で吉永小百合と共演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年6月4日 > 吉幾三、27年ぶり銀幕復帰!「ふしぎな岬の物語」で吉永小百合と共演
メニュー

吉幾三、27年ぶり銀幕復帰!「ふしぎな岬の物語」で吉永小百合と共演

2014年6月4日 05:00

27年ぶりに銀幕復帰を果たした吉幾三「ふしぎな岬の物語」

27年ぶりに銀幕復帰を果たした吉幾三
(C)2014「ふしぎな岬の物語」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 歌手の吉幾三が、吉永小百合成島出監督が共同で企画した映画「ふしぎな岬の物語」に出演していることがわかった。吉の映画出演は、「ドン松五郎の大冒険」(1987)でダンプカーの運転手を演じて以来、実に27年ぶりとなる。

吉が今作で演じるのは、吉永扮する悦子のおい・浩司(阿部寛)、漁師の徳さん(笹野高史)の娘・みどり(竹内結子)が通っていた岬中学校の行吉先生。成島監督の「軽妙な雰囲気に優しい存在感を持った田舎の先生」というイメージを具現化できる人物として、製作サイドがオファーした。吉は、「27年ぶりに映画独特の雰囲気を楽しませてもらいました。たくさんの人がひとつひとつ、手作りしてできる様子は大好きですね」と語った。

衣装合わせでは、成島監督から「東京物語」をはじめとする小津安二郎監督作に欠かすことができなかった名優・笠智衆さんのような存在になってほしいと要望があったという。吉永とも共演しており、「短い時間ではありましたがずっと変わらない憧れの方なので、いい緊張感がありました。今度はまたじっくりお芝居できればと思います。役を通しての人との出会いがある。なんだか、また演技にはまってきましたね」と振り返っている。

旧知の間柄である笑福亭鶴瓶との共演シーンもあり、現場では会話に花を咲かせていたという。吉永は、吉について「撮影初日から吉さんとご一緒で、『よし、行くぞ!』という気持ちになれました。温かいお人柄が、そのまま役に出ていらして、とても優しい雰囲気のシーンになったと思います」と称えた。

今作は、千葉県明鐘岬に実在する喫茶店を舞台につづられた、森沢明夫氏の小説「虹の岬の喫茶店」が原作。岬の先端に立つ小さなカフェの女主人・悦子と常連客、そしてふと足を止めて訪れる客が、1杯のコーヒーに癒されながら互いの悩みや葛藤を打ち明け、新たな活路を見いだす姿を描く。

ふしぎな岬の物語」は、10月11日から全国で公開。

神様のくれた赤ん坊[DVD] 神様のくれた赤ん坊[DVD] 最安価格: ¥1,982 ある日突然子供を押し付けられた同棲中のカップルが、その子の父親を捜しに旅に出る様子を描いた作品。出演:吉幾三
一絃の琴 DVD-BOX[DVD] 一絃の琴 DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥21,522 宮尾登美子原作の直木賞受賞作の映像化。幕末から明治へと大きく時代が変わろうとする中で、一絃琴の音に魅了された一人の女性が、時の流れに翻弄されながらも、強く生き抜いた姿を描く。出演:吉幾三

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi