【全米映画ランキング】「トランスフォーマー ロストエイジ」が今年最高のオープニング興収で大ヒットスタート : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年7月1日 > 【全米映画ランキング】「トランスフォーマー ロストエイジ」が今年最高のオープニング興収で大ヒットスタート
メニュー

【全米映画ランキング】「トランスフォーマー ロストエイジ」が今年最高のオープニング興収で大ヒットスタート

2014年7月1日 22:35

首位デビューを果たした「トランスフォーマー ロストエイジ」「トランスフォーマー ロストエイジ」

首位デビューを果たした「トランスフォーマー ロストエイジ」
(C)2014 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 独立記念日を翌週に控えたサマーシーズン9週目の全米ボックスオフィスは、本年最大級の製作費約2億1000万ドルをかけたSFアクション超大作「トランスフォーマー ロストエイジ」が、今年最高となる約1億ドルのオープニング興収で首位デビューを果たした。

同作は、2007年よりマイケル・ベイ監督が手がけてきた人気シリーズの第4弾。第3作まで主演を務めてきたシャイア・ラブーフは今回出演せず、新たにマーク・ウォールバーグが主演となった。物語は、オートボット(人類の味方)対デセプティコン(侵略者)のトランスフォーマー同士の戦争により、シカゴが壊滅に追い込まれた前作から4年後が舞台。トランスフォーマーの存在自体に危機感を覚えたCIA幹部や人造トランスフォーマーの開発を目論む新たな組織が始めた「オートボット狩り」によって潜伏生活を余儀なくされているオプティマス・プライムを、テキサスの修理解体工ケイド・イェーガー(ウォールバーグ)が拾ったことから、ケイドは地球規模の戦いに巻き込まれていく。

ベイ監督作なので、例によって批評家からは厳しいレビューが多く寄せられたが、集客には成功し、「X-MEN:フューチャー&パスト」(約9082万ドル)、「アメイジング・スパイダーマン2」(約9160万ドル)、「GODZILLA」(約9320万ドル)、「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」(約9500万ドル)を上回る、今年初のオープニング興収1億ドル超えを果たした。

キャストはウォールバーグのほか、ニコラ・ペルツジャック・レイナースタンリー・トゥッチケルシー・グラマーリー・ビンビンのほか、声の出演でジョン・グッドマン渡辺謙

約1500万ドルの興収で2位につけたのは、ジョナ・ヒルチャニング・テイタム主演のR指定アクションコメディ「22 Jump Street」。17日間の累計は約1億4000万ドルとなった。

また前週首位だった「Think Like A Man Too」は約1000万ドルの興収で4位にランクダウンした。

独立記念日の連休を迎える今週末は、メリッサ・マッカーシー主演のコメディ「Tammy」に、ジェリー・ブラッカイマー製作、エリック・バナエドガー・ラミレス主演の実録サスペンスホラー「NY心霊捜査官」、宇宙からやってきた小さなロボットと子どもたちの友情を描いたファンタジードラマ「アース・トゥ・エコー(原題)」などが公開となる。

トランスフォーマー トリロジー ブルーレイBOX[Blu-ray/ブルーレイ] トランスフォーマー トリロジー ブルーレイBOX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,400 マイケル・ベイ監督による大ヒットSFアクションシリーズ『トランスフォーマー』3部作を収録したトリロジーBlu-ray。
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン[Blu-ray/ブルーレイ] トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,375 全世界で驚異のメガヒットを記録したSFアクション『トランスフォーマー』のシリーズ最終章!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi