今夏公開のハリウッド作品、監督の大半が白人男性 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年4月9日 > 今夏公開のハリウッド作品、監督の大半が白人男性
メニュー

今夏公開のハリウッド作品、監督の大半が白人男性

2014年4月9日 21:45

[映画.com ニュース] 今年のアカデミー賞では英国出身の黒人監督、スティーブ・マックイーンが手がけた「それでも世は明ける」が最優秀作品賞、メキシコ人のアルフォンソ・キュアロン監督が最優秀監督賞、女性が共同で監督を務めた「アナと雪の女王」が最優秀長編アニメーション賞を受賞し、ハリウッドで監督の多様化が進んでいる印象を与えたが、その実体は変わっていないとThe Wrapが報じた。

同サイトは、今夏に全米公開を予定しているメジャー映画を手がけた映画監督の人種と性別の調査を実施。5月公開の「アメイジング・スパイダーマン2」(マーク・ウェブ監督)から8月公開の「ルーシー」(リュック・ベッソン監督)まで39作品の監督を調べたところ、うち37人が白人男性であることが明らかになった。

例外は「Think Like a Man Too」のティム・ストーリー監督と、「When the Game Stands Tall」のトーマス・カーター監督で、いずれも黒人。さらに、「シン・シティ」の続編「Sin City: A Dame to Kill For」の共同監督を務めたロバート・ロドリゲスはメキシコ系アメリカ人、「ジュピター・アセンディング」の共同監督を手がけたラナ・ウォシャウスキーが女性である。ハリウッド映画にバリエーションが少ないのは、当然の結果といえるかもしれない。

【初回限定生産】ゼロ・グラビティ 3D&2D ブルーレイセット[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回限定生産】ゼロ・グラビティ 3D&2D ブルーレイセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 《無限の宇宙》に取り残された宇宙飛行士が、酸素・重力・生存率《ゼロ》の極限状態に立ち向かう、予測不能のSFサスペンス!監督:アルフォンソ・キュアロン
シン・シティ[DVD] シン・シティ[DVD] 最安価格: ¥1,238 罪の街“シン・シティ”を舞台に、3人の男たちが愛する女を守るために挑む戦いの物語を描いたアクション・エンタテインメント。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi