司葉子らが小津安二郎監督生誕100年、没後50年しのび思い出吐露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年12月7日 > 司葉子らが小津安二郎監督生誕100年、没後50年しのび思い出吐露
メニュー

司葉子らが小津安二郎監督生誕100年、没後50年しのび思い出吐露

2013年12月7日 19:30

小津安二郎監督の墓前で焼香する司葉子「秋日和」

小津安二郎監督の墓前で焼香する司葉子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 名匠・小津安二郎監督の生誕110年、没後50年記念イベント「北鎌倉で小津三昧」の企画「みんなの小津会」が12月7日、小津監督が眠る神奈川・鎌倉の円覚寺で行われ、小津作品を多く手がけた山内静夫プロデューサー、「秋日和」と「小早川家の秋」に出演した女優・司葉子ら約80人が参加した。

全員で小津監督の墓前に焼香した後、ビム・ベンダース監督が小津監督にオマージュをささげたドキュメンタリー「東京画」を上映。主催するNPO法人湘南遊映会によれば、スクリーンは手すきの和紙、フレームは青竹を使って手作りでしつらえたという。

司は、1960年の「秋日和」がデビューして5年くらいで、「よくスタッフから『個性がない』と言われ、もう無理かな、やめようかなと思っていた時に声をかけていただいた」と述懐。歩幅やセリフの音程が半音単位で決まっているなど、小津監督のち密な演出がマッチしたようで「すべて小津先生がお手本を見せてくれるので、私たち役者は何もしなくていい。癖のない真っ白な状態だったから、雇われたんでしょうね」としみじみ振り返った。

さらに、衣装で使う着物はすべて小津監督が選んで決めていたことや、トレードマークの白い帽子は30個以上持っていて毎日、母親が手洗いしていたことなど、隠れたエピソードも告白。「奥さんはいないのに、着物にはお詳しかった。私もプライベートで選んでもらって仕立てましたけれど、舞台でも普段でも着られて便利なんです。帽子も『おふくろが洗って、アイロンかけてくれるんだよ』って仰っていました。だから、いつも新品みたいだったんですね」と楽しそうに明かした。

そして、「秋日和」の予告が上映されると、照れながら「撮影中の緊張感がよみがえってきました」と感慨深げ。山内氏も、「全人生が自由で、全人生が映画に縛られていた。そんな人生を送れる人はなかなかいない。日常と仕事が不即不離になっている達人だった」と称えていた。

小津安二郎 DVDコンプリートボックス[DVD] 小津安二郎 DVDコンプリートボックス[DVD] 最安価格: ¥42,120 映像芸術家として国際的に評価される名匠・小津安二郎の名作を蒐集!
小早川家の秋[DVD] 小早川家の秋[DVD] 最安価格: ¥4,044 小早川家に起こる出来事を描いた小津安二郎監督によるホームドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi