松竹、ベネチア映画祭クラシック部門で2作品上映 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年8月6日 > 松竹、ベネチア映画祭クラシック部門で2作品上映
メニュー

松竹、ベネチア映画祭クラシック部門で2作品上映

2013年8月6日 10:00

クラシック部門ホストを務める クラウディア・カルディナーレ「彼岸花」

クラシック部門ホストを務める
クラウディア・カルディナーレ
写真:Abaca/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第70回ベネチア国際映画祭(8月28日~9月7日)のクラシック部門に、松竹2作品の出品が決定した。小津安二郎生誕110年・没後50年を記念し「彼岸花」(1958年製作、英題:Equinox Flower)、中村登監督生誕100年を記念し「夜の片鱗」(64年製作、英題:The Shape of Night)の2作品だ。

今年の同部門は、クラウディア・カルディナーレ(「8 1/2」「山猫」)がゲストホストとして登場し、「熊座の淡き星影」の公式上映に登壇を予定している。松竹から出品する2作品、「彼岸花」「夜の片鱗」は、「戦火のかなた」「獣人」「戦場のメリークリスマス」「荒野の決闘」など、世界の名作に並んでの選出となった。

松竹は、東京国立近代美術館フィルムセンターと共同で小津作品カラー4作品の4K解像度(4096×3112)によるスキャンを取り入れたデジタル修復作業を行っており、カンヌ映画祭の「秋刀魚の味」に続き、今映画祭が「彼岸花」のワールドプレミア上映となる(「お早よう」と「秋日和」は現在修復中)。今回の選定により、小津安二郎監督作品が2013年、世界の三大映画祭すべてで上映される快挙となった(ベルリン国際映画祭で「東京物語」デジタルリマスター版上映)。

中村登監督は1913年8月4日、東京・下谷に生まれ。36年、東京大学文学部卒業と同時に助監督試験を受けて松竹に入社、大船撮影所で斉藤寅次郎、島津保次郎らにつき、41年6月に監督に昇進、記録映画「生活とリズム」(41)を1作目に製作。続いて同年「結婚の理想」(41)のメガホンをとる(劇映画としてのデビュー作)。「古都」(63)と「智恵子抄」(67)は、アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされ、「二十一歳の父」「紀ノ川」など多数の名作を生み出した。81年5月20日に死去。勲四等旭日章を受勲。

今年の東京フィルメックス(11月23日~12月1日)では、中村登監督生誕100年を記念して、「夜の片鱗」をはじめとした特集上映を行う予定。(文化通信)

あの頃映画 松竹DVDコレクション 彼岸花[DVD] あの頃映画 松竹DVDコレクション 彼岸花[DVD] 最安価格: ¥907 日本映画界の巨匠・小津安二郎監督の初のカラー作品。友人の娘の縁談には理解を示すが、自分の娘には人が変わったように反対する父親を中心に描いたドラマ作品。
熊座の淡き星影[DVD] 熊座の淡き星影[DVD] 最安価格: - ギリシャ悲劇の「エレクトラ」をモチーフにした「熊座の淡き星影」。姉弟の禁断の愛を描いたこの作品は、ヴィスコンティの名作と言われており、第26回ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi