カンヌパルムドール受賞のA・ケシシュ監督が初来日 小津安二郎への愛語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年10月25日 > カンヌパルムドール受賞のA・ケシシュ監督が初来日 小津安二郎への愛語る
メニュー

カンヌパルムドール受賞のA・ケシシュ監督が初来日 小津安二郎への愛語る

2013年10月25日 21:30

「アデル、ブルーは熱い色」アブデラティフ・ケシシュ監督「アデル、ブルーは熱い色」

「アデル、ブルーは熱い色」アブデラティフ・ケシシュ監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 東京・六本木ヒルズで開催中の第26回東京国際映画祭で、今年のカンヌ映画祭で最高賞パルムドールを受賞した「アデル、ブルーは熱い色」が10月25日特別招待作品として上映され、アブデラティフ・ケシシュ監督が舞台挨拶に立った。

今回初来日となったケシシュ監督は「みなさん、こんにちは。ケシシュです」と日本語であいさつ。現在本作のプロモーションで世界各国を訪れるなかで「私は思春期の頃から映画で育ち、とりわけ日本映画と共に育ってきました。黒澤監督、溝口監督、成瀬監督とすばらしい監督がいるなかでとりわけ私を引き付け、日本文化や伝統に対する愛を育ててくれたのが小津安二郎監督なのです。日本に来て、皆さんにこのことを伝えたかったのです」と巨匠小津への愛を語り、会場からは大きな拍手が沸きあがった。

文学を愛する高校生アデルが、ある日青い髪の美術学生エマと出会い心を奪われ、激しく愛し合うようになる。数年後、エマと同棲を始めたアデルは念願だった教師の職につくが、異なる環境で生きる2人の関係が次第に変化していく様をみずみずしく描く。ケシシュ監督とともに、主演のレア・セドゥーアデル・エグザルコプロスの3人がそろってパルムドール受賞というカンヌ史上初の快挙が話題となった。

女優2人のキャスティングについて、「レアは知的な階級で少しブルジョアで、彼女の存在感から醸し出されるものと彼女の出自が、私が描こうとしていたヒロインに合致したのです。アデルは生きる貪欲さが官能的で、彼女はスクリーンに現れたとたんに画面を占領してしまうように光り輝き、カメラを引き付けたのです」とそれぞれの魅力を説明した。

アデル、ブルーは熱い色」は2014年春公開。

小津安二郎生誕110年・ニューデジタルリマスター 秋刀魚の味[Blu-ray/ブルーレイ] 小津安二郎生誕110年・ニューデジタルリマスター 秋刀魚の味[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,636 日本映画界の巨匠・小津安二郎監督の最後の作品で、妻に先立たれた男とその子供達の幸せの中にもなぜか潜む孤独と寂しさを描いた作品。
小津安二郎生誕110年・ニューデジタルリマスター 秋日和[Blu-ray/ブルーレイ] 小津安二郎生誕110年・ニューデジタルリマスター 秋日和[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,926 日本映画界の巨匠・小津安二郎監督が贈る、夫を亡くした母と娘のお互いを思いやる気持ちを中心に、亡夫の友人たちが起こす騒動を描いた作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi