松江哲明監督&赤ペン瀧川先生「『サプライズ』は“ジャンルを越えていく系”」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年10月31日 > 松江哲明監督&赤ペン瀧川先生「『サプライズ』は“ジャンルを越えていく系”」
メニュー

松江哲明監督&赤ペン瀧川先生「『サプライズ』は“ジャンルを越えていく系”」

2013年10月31日 16:07

白熱&爆笑トークを繰り広げた 松江監督(左)と赤ペン瀧川先生(右)「サプライズ」

白熱&爆笑トークを繰り広げた
松江監督(左)と赤ペン瀧川先生(右)
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 各国の映画祭で話題を集めた絶叫×爽快スリラー「サプライズ」の特別試写会が10月30日、都内で行われ、ドキュメンタリー映画監督の松江哲明と、“赤ペン瀧川先生”こと俳優の瀧川英次がトークイベントに出席した。

V/H/S シンドローム」「ビューティフル・ダイ」などで注目を集める、新世代サスペンスホラー作家アダム・ウィンガード監督の最新作。両親の結婚35周年を祝うために大きな屋敷に集まった家族10人が、突然キツネやヒツジ、トラといった動物の仮面をつけた集団に襲われ、逃げ場のない密室で命がけのサバイバルを繰り広げる姿を描く。

瀧川は、「ポスターのコピーやビジュアルから『ソウ』みたいなソリッドシチュエーションホラーかと思って見たら、全然バカホラー(笑)。ただのバイオレンスおもしろホームアローンじゃん! コピーも『パーティー台無し!』とかでいいと思う」と宣伝イメージと実際のテイストとのギャップに口あんぐり。しかし、「2回目を見たら本当によくできていて、脚本に強度がある。日本でいうところの『へんげ』かな。みんなが知っているホラーを踏まえて“ジャンルを越えていく系”。すっげー面白かった」と手放しで絶賛した。

松江監督も、「これは東京国際ファンタスティック映画祭の深夜のつなぎのプログラムに良い(笑)。ディスってるんじゃなくて、めちゃめちゃほめている。これを見た後に監督と飲みたい」と興味津々。また、「頭の悪いフリを隠さないところがいい。最近のホラー映画って、ひねりすぎていて整合性がない。清水崇監督とかも好きなんじゃないかな。整合性を無視して驚かせてくれる」と太鼓判を押した。

さらに松江監督は、「キャストもすごく良い。母親役のバーバラ・クランプトンは『フロム・ビヨンド』や『ZONBIO 死霊のしたたり』に出ている女優さんで、これが10年ぶりの映画出演。長男のドレイク役のジョー・スワンバーグは監督もやっていて、今年の東京国際映画祭のコンペに出ていた『ドリンキング・バディーズ』はすごく面白かった」と“通”向けの見どころも語った。

サプライズ」は11月14日から公開。

フラッシュバックメモリーズ スペシャル・エディション<2枚組>[DVD] フラッシュバックメモリーズ スペシャル・エディション<2枚組>[DVD] 最安価格: ¥5,076 交通事故により脳を損傷し記憶障害を発症したGOMA。本人とそれを支える家族の再起にむけての日々を、GOMA本人によるライブ演奏に乗せ、それぞれの日記で振り返りながら構成するドキュメンタリー。監督:松江哲明
ライブテープ コレクターズ・エディション[DVD] ライブテープ コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: ¥4,071 松江哲明監督×前野健太主演で贈る映画「ライブテープ」がDVD化!2009年元日吉祥寺で歩き、歌うミュージシャン前野健太の熱唱をワンカットで撮影したコレクターズ仕様。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi