クロエ・モレッツ、3年ぶり来日でファン500人歓喜! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年10月23日 > クロエ・モレッツ、3年ぶり来日でファン500人歓喜!
メニュー

クロエ・モレッツ、3年ぶり来日でファン500人歓喜!

2013年10月23日 19:35

ファン500人の歓迎を喜ぶクロエ・モレッツ「キャリー」

ファン500人の歓迎を喜ぶクロエ・モレッツ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気若手女優クロエ・モレッツが、主演したサイコサスペンス「キャリー」を引っさげ来日し10月23日、東京・新宿ピカデリーで行われたプレミア上映で舞台挨拶に立った。モレッツが来日するのは、「キック・アス」のプロモーション以来、約3年ぶり2度目。会場に集まった約500人のファンを前に「コンニチハ、クロエチャンデス」と日本語で挨拶。日本で一般のファンの前に立つのは今回が初ということもあり、「こんなに日本のファンがいらっしゃってくれることがうれしく、本当にエキサイティング」と喜びをにじませた。

日本には21日に到着したそうで、「原宿でユニコーンモチーフのセーターを購入して、気に入っています。もしかしたら空港を発つときに着るかも」と早くも東京を満喫している様子。ファッション好きで知られるだけに、この日だけで5回の衣装替えを行い、舞台挨拶には黒地に赤いドット模様のMIUMIUのロングワンピース、プラダの黒いヒールという大人びた装いで登場し、「世界のどの国より日本のファッションは素晴らしい」とほほ笑んだ。

映画は、「ボーイズ・ドント・クライ」のキンバリー・ピアース監督が、スティーブン・キングの処女作を37年ぶりに再映画化。モレッツは、ブライアン・デ・パルマ監督作「キャリー(1976)」でシシー・スペイセクが演じたキャリー役に挑んだ。プロムの名シーンは1カ月にわたり撮影が行われたそうで、「夜で寒かったし、全身血のりをかぶったのですが、そこではじめてキャリーになれたと感じた」という。本作にちなみ、ダンスに誘われるなら? と問われると「スウィートで優しく、笑わせてくれる方。女優としてではなく、クロエとして誘ってほしいです。ありのままの私を誘ってくれるかがカギです」と明かした。

パイパー・ローリーに代わり、母親に扮したジュリアン・ムーアとの共演は「美しい経験でした。俳優として成長するきっかけになりましたし、彼女が見るキャリーと母の関係を聞くのも面白かった。役として母性が感じられるアプローチをしていました。俳優としてあんなにいろいろなことを成し遂げ、私生活でも美しいところを持てるんだと、未来に期待が持てました」と瞳を輝かせた。

キャリー」は、11月8日から全国で公開。

キック・アス[Blu-ray/ブルーレイ] キック・アス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,802 特殊能力ゼロ、モテ度ゼロ、体力微妙。あるのは正義を愛する心だけ!ブラッド・ピット×ニコラス・ケイジが生み出した前代未聞のなりきりヒーロー参上!
HICK ルリ13歳の旅[DVD] HICK ルリ13歳の旅[DVD] 最安価格: ¥3,201 「キック・アス」のクロエ・グレース・モレッツ初の単独主演作!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi