キャリー(1976)
ホーム > 作品情報 > 映画「キャリー(1976)」
メニュー

キャリー(1976)

劇場公開日

解説

スティーブン・キングの小説を原作に、超能力をもった少女キャリーが引き起こす惨劇を描いた青春オカルトホラー。狂信的な母親のもとで育てられ、学校でも日常的にいじめを受けている少女キャリーは初潮を迎えて動揺するが、生理現象は汚れの象徴だと母親に罵られる。しかし、その日を境にキャリーは念じることで物を動かせる超能力に目覚めていく。一方、いじめっ子たちは陰惨な嫌がらせを思いつき、高校最後のプロムパーティの場でキャリーを陥れるが、怒りを爆発させたキャリーの超能力が惨劇を招く。画面分割などを用いたブライアン・デ・パルマ監督の凝った映像演出も見どころ。キャリー役のシシー・スペイセクと母親役のパイパー・ローリーが、それぞれアカデミー主演女優賞、助演女優賞にノミネートされた。

作品データ

原題 Carrie
製作年 1976年
製作国 アメリカ
上映時間 98分
映倫区分 R15+

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全16件)
  • 学園モノ青春映画。 オープニングの始まり方が最高にヤバくてデパルマのエロと変態性がハマっていてセンスも良し。 とにかくキャリーが可哀想で顔はともかく身振り素ぶりが可愛く感情移入でき特にプロムのシーンから応援の眼差し... ...続きを読む

    万年 東一 万年 東一さん  2017年5月9日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 思った程ではない ホラー系はあまり得意ではないが、ホラーの名作として評判なので、いざ鑑賞。 もっとスリリングな展開と、じわじわっとくる恐怖を期待していたのだか、それ程ではなかった。また、狂信的な母親がもっともっと... ...続きを読む

    321 321さん  2017年1月28日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 逆に・・・ なんか見ててお母さんやっぱ怖いな、と思った しかも、学校もいじめの域を越えてるし もう犯罪でしょ いじめっこがとにかくむかつく すっごい面白かったけど、展開が早かったのとラストが原作と違ってたの... ...続きを読む

    さしみ さしみさん  2017年1月6日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

キャリー
キャリー
2017年5月19日
¥1,007
Hulu
2週間無料

「キャリー」シリーズ関連作品

他のユーザーは「キャリー(1976)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi