汗だく岡田将生、ハンカチ片手に苦笑いの舞台挨拶 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年10月23日 > 汗だく岡田将生、ハンカチ片手に苦笑いの舞台挨拶
メニュー

汗だく岡田将生、ハンカチ片手に苦笑いの舞台挨拶

2013年10月23日 19:05

汗だくの岡田将生に客席からは激励の声も「オー!ファーザー」

汗だくの岡田将生に客席からは激励の声も
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 岡田将生の主演作「オー!ファーザー」が10月23日、第26回東京国際映画祭の特別招待作品としてTOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、岡田をはじめヒロインの忽那汐里佐野史郎河原雅彦村上淳藤井道人監督が舞台挨拶に立った。

初メガホンとなった藤井監督は、27歳での国際映画祭デビューとなり「4年間、脚本を書かせていただいた。抜てきしてくれた(製作総指揮の)奥山和由さん、そして原作の伊坂幸太郎さんに感謝したい」と緊張の面持ち。その緊張が伝わったのか、舞台挨拶に慣れているはずの岡田は汗だくで、苦笑いを浮かべながら、しきりにハンカチで汗をぬぐっていた。

岡田が伊坂氏の原作の映画化企画に出演するのは、「アヒルと鴨のコインロッカー」(中村義洋監督)、「重力ピエロ」(森淳一監督)に続き3度目。今作では、父親と呼ぶべき存在が4本もいる主人公の高校生・由紀夫を演じている。脚本にほれ込んだようで、「こんな話を映像化したら、どうなるんだろうと思った」と絶賛。そして、「4人の父の愛を感じて、現場では幸せでした」と振り返っていた。

全くタイプの異なる4人の父親を演じたのは佐野、河原、村上、宮川大輔(この日は欠席)。試写で本編を見たという忽那は、「岡田さんとお父さまがたの掛け合いがすごくほほ笑ましかった。先入観なしに楽しんでいただけたら」と客席に語りかけていた。

第26回東京国際映画祭は、10月25日まで開催。「オー!ファーザー」は、2014年に全国で公開。

ホノカアボーイ[DVD] ホノカアボーイ[DVD] 最安価格: ¥3,959 ハワイ島の小さな日系移民の町を舞台に繰り広げる心温まるヒューマンドラマ。出演:岡田将生
告白 特別価格版[DVD] 告白 特別価格版[DVD] 最安価格: ¥2,404 湊かなえ原作のベストセラーを、中島哲也監督が映画化!出演:岡田将生

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi