鶴見辰吾&伊藤かずえ、27年ぶりの共演もあうんの呼吸「久しぶりに感じなかった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年10月12日 > 鶴見辰吾&伊藤かずえ、27年ぶりの共演もあうんの呼吸「久しぶりに感じなかった」
メニュー

鶴見辰吾&伊藤かずえ、27年ぶりの共演もあうんの呼吸「久しぶりに感じなかった」

2013年10月12日 14:00

27年ぶりに共演を果たした 鶴見辰吾&伊藤かずえ「埼玉家族」

27年ぶりに共演を果たした
鶴見辰吾&伊藤かずえ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 埼玉県に暮らすある家族の姿を4つの短編で描いたオムニバスドラマ「埼玉家族」が10月12日、東京・新宿ピカデリーで公開初日を迎え、出演の鶴見辰吾伊藤かずえ森田涼花らが舞台挨拶に立った。

福山功起加瀬聡角川裕明完山京洪といった気鋭の若手監督4人が、それぞれ長女、母、父、長男を主人公にした「ハカバノート」「キャンディ」「父親輪舞曲」「ライフワーク」の4つのエピソードを監督。埼玉県に暮らす山下家のある3日間を通じて、家族の絆(きずな)やあり方を各々のスタイルで描き出す。

父親役を演じた鶴見は、「父親輪舞曲」でミュージカルに挑み「日本映画でミュージカルを成立させるのはなかなか難しいけれど、監督のしっかりとしたビジョンのもと、日常の中に潜む音楽の感覚をうまく利用。他の作品にもうまく溶け込んでいる」と自負し、「有名シェフがいる行列のできるレストランではないけれど、埼玉の町にある実はうまいオムライス屋みたいな映画」と形容した。

約27年ぶりに鶴見と共演を果たした伊藤は、「80年代の青春時代、大映ドラマで一緒に厳しい撮影を乗り越えた。数えてみたら27年経っていたけれど、久しぶりに感じなかった。とてもやりやすかったし楽しかった」と久々の共演でも息はぴったり。すると鶴見が、「昔はドラマの中でよく殴られていたけど」と付け加え、笑いを誘っていた。

長女役を演じた森田は、「しんなりほっこり温かくなる映画。皆さんの心が温かくなってくれるとうれしい」とニッコリ。埼玉県の上田清司知事も祝福に駆けつけ、「埼玉県は若手映像クリエイターを育成したいという強い希望をもっている。1つ1つが素晴らしい短編だけれど、最後にちゃんとつながって長編になるというのが不思議で、見応えのある映画。これを機に埼玉により関心をもっていただけたらうれしい」と挨拶した。

大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 前編[DVD] 大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 前編[DVD] 最安価格: ¥15,871 数奇な運命に翻弄される育ちの違う二人の少女の生き方を通して、人間愛を高らかに謳い上げたドラマ。出演:伊藤かずえ・鶴見辰吾
大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 後編[DVD] 大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 後編[DVD] 最安価格: ¥15,871 数奇な運命に翻弄される育ちの違う二人の少女の生き方を通して、人間愛を高らかに謳い上げたドラマ。出演:伊藤かずえ・鶴見辰吾

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi