「半沢直樹」旋風真っ只中の駿河太郎、俳優業への道のり明かす : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年9月27日 > 「半沢直樹」旋風真っ只中の駿河太郎、俳優業への道のり明かす
メニュー

「半沢直樹」旋風真っ只中の駿河太郎、俳優業への道のり明かす

2013年9月27日 09:00

「半沢直樹」で注目を集めた駿河太郎「ソウル・フラワー・トレイン」

「半沢直樹」で注目を集めた駿河太郎
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の駿河太郎が9月26日、公開中の出演映画「ソウル・フラワー・トレイン」のトークイベントに、西尾孔志監督らと出席。落語家の笑福亭鶴瓶を父にもつ駿河は、平成以降で最高の視聴率を記録した堺雅人主演の人気連続ドラマ「半沢直樹」に老舗ホテルの社長・湯浅威(たけし)役で出演し、「ずっと本気で音楽をやっていたので役者になるつもりはなかったけど、20代半ばに今のマネージャーと出会い、子どもでもないけどおっさんでもない中途半端な輩に声をかけてもらったこともうれしくて、こんな機会は二度とないだろうからとやってみようと思った。今は本当に楽しくてマネージャーには感謝してる」と役者業への道のりを明かした。

映画は、「MIND GAME」の原作などで知られる漫画家・ロビン西氏の短編コミックを実写映画化した人情喜劇。大阪で暮らす娘に会いに出かけた男(平田満)が、風変わりな少女・あかね(真凛)と出会い、大阪の繁華街・新世界を舞台に繰り広げるドタバタを描く。

主人公の夢に出てくる花電車の運転手役を演じた駿河は、撮影からおよそ1年半ぶりとなるこの日に「初めて見た。すごく自分の芝居が新鮮だった。僕のシーンは完全にファンタジーなので、ファンタジーでいることって何だろうと色々考え、夢の中のほわほわした感じを意識した」と役作り。また、「音楽はゼロからイチにするもの。詩も曲もゼロから作り、自分の世界観を形にする。役者の場合は、与えられたポジションで自分の味をどれだけプラスしていけるか」とミュージシャンと俳優業の違いを語った。

前作「ナショナルアンセム」から約10年ぶりに長編映画のメガホンをとった西尾監督は、「平田さんと駿河さんは長ゼリフも完璧に頭に入れてきていた」と役者魂を称賛。すると駿河は、「待ち時間が長くて時間があったので、平田さんに『セリフが長いので付き合ってもらって良いですか?』と2人で芝居を作っていた」と裏話を明かした。

ソウル・フラワー・トレイン」は、東京・新宿のK's cinemaで9月27日まで公開中。

ヘブンズ・フラワー[DVD] ヘブンズ・フラワー[DVD] 最安価格: ¥9,523 今から約50年後の2060年を舞台にした全く新しいタイプの近未来ロマンティックミステリー。出演:駿河太郎
クロユリ団地~序章~ DVD-BOX[DVD] クロユリ団地~序章~ DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥4,925 映画『クロユリ団地』のスピンオフ・ドラマとしてホラー界の巨匠:中田秀夫監督が世に放つ、狂気と戦慄のオリジナルホラー作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi