ベン・アフレック、バットマン役起用発表後の騒動について語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年9月20日 > ベン・アフレック、バットマン役起用発表後の騒動について語る
メニュー

ベン・アフレック、バットマン役起用発表後の騒動について語る

2013年9月20日 11:45

バットマン役に起用されたベン・アフレック「マン・オブ・スティール」

バットマン役に起用されたベン・アフレック
Photo by Jason Merritt/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] SFアクション超大作「マン・オブ・スティール」(公開中)の続編に登場するバットマン役に起用されたベン・アフレックが、発表後初めて米トーク番組「レイトナイト・ショー」に出演。司会のジミー・ファロンに、キャスティングとその後の騒動について語った。

アフレックの起用については、ネット上で反発するファンも多く、ワーナー・ブラザースに対してキャスティング変更を求める署名運動まで起こった。その一方で、「アベンジャーズ」のジョス・ウェドン監督や、かつてバットマンを演じた経験を持つバル・キルマーアダム・ウェスト、親友マット・デイモンらが擁護に回った。

アフレックは、まずバットマン役を打診された当初は「俺は25歳の青年じゃない。自分でいいのか?」と疑問に思ったそうだが、続編のメガホンをとるザック・スナイダー監督の構想を聞かされ快諾。ワーナー側はアフレックがオファーを受けたことを非常に喜んだが、同時に発表にともなう懸念と、心の準備が必要かもしれないことを伝えてきたという。それは、スーパーヒーロー映画の過去のキャスティングの際にも何度となくネガティブな反応があったため、その実例を示すとともに「発表から数日はインターネットを見ないことをお薦めする」というものだった。

そのアドバイスに対してアフレックは、「自分はもういい大人だ。タフな人間だ。そんなものはどうってことない」と考えたという。しかし、自分のキャスティングを報じる記事の最初のコメントに「ノーーーーーーーー!」と書いてあったのを見たとき、「子どもたちに我が家はしばらくテクノロジーから離れた生活を送るぞと言ったよ」とジョークを交えながら話した。なお、一連のトークは笑いに満ちた和やかなものだった。

「マン・オブ・スティール2(仮題)」は、2015年7月17日の全米公開が決定している。

アルゴ<エクステンデッド・バージョン>[Blu-ray/ブルーレイ] アルゴ<エクステンデッド・バージョン>[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,189 ベン・アフレックが、監督、製作、主演を努めたサスペンス。
【数量限定生産】エンジェル ウォーズ ブルーレイ版スチールブック仕様[Blu-ray/ブルーレイ] 【数量限定生産】エンジェル ウォーズ ブルーレイ版スチールブック仕様[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - ザック・スナイダー監督が放つ、驚愕の異次元バトル・アクション!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi