マット・デイモン、新バットマンに起用された親友ベン・アフレックを擁護 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年8月29日 > マット・デイモン、新バットマンに起用された親友ベン・アフレックを擁護
メニュー

マット・デイモン、新バットマンに起用された親友ベン・アフレックを擁護

2013年8月29日 17:19

親友同士のベン・アフレックとマット・デイモン「マン・オブ・スティール」

親友同士のベン・アフレックとマット・デイモン
Photo by Ray Mickshaw/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] SFアクション超大作「マン・オブ・スティール」の続編に登場するバットマン役にベン・アフレックが正式決定したことが発表され、ネット上に激震が走った。反発するファンも多く、ワーナー・ブラザースに対してキャスティング変更を求める署名運動まで起こったが、その一方で「アベンジャーズ」のジョス・ウェドン監督、かつてバットマンを演じた経験を持つバル・キルマーアダム・ウェストらが、アフレックを援護するツイートをしている。

そんななか、アフレックの親友のマット・デイモンが初めて今回の騒動について言及した。最新主演作「エリジウム」のプロモーションでインドを訪れたデイモンは、ザ・タイムズ・オブ・インディア紙とのインタビューで、「ベンのバットマンはきっと最高だと思うよ」と盟友を擁護した。

「インターネットでみんなが文句を言っていることは知っている。それは、自分としてはちょっと笑える話だと思う。だって、ベンは何もリア王を演じるわけじゃないんだ。バットマンだよ! 彼には充分そのスキルがある。『アルゴ』や『ザ・タウン』や最近の出演作で、バットマンよりもずっと繊細で複雑な人物を演じているベンを見た人ならわかるはずだ」

さらに、「バットマンは、ただそのへんをブラブラして、カウルをかぶってしわがれ声でささやくだけだ。ブルース・ウェインの方はもっと演技のしがいがあるが、ベンならやってくれるだろう。でも、僕がロビン役をやらないことは確かだけどね」と冗談めかした。

マン・オブ・スティール」は8月30日公開。同続編は2015年7月17日の全米公開が決定している。

プライベート・ライアン スペシャル・コレクターズ・エディション【...[Blu-ray/ブルーレイ] プライベート・ライアン スペシャル・コレクターズ・エディション【...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - ある兵士を故郷へ送り返すという指令を受けた、8人のアメリカ兵たちの命がけの救出劇を描いた物語。出演:マット・デイモン
アルゴ<エクステンデッド・バージョン>[Blu-ray/ブルーレイ] アルゴ<エクステンデッド・バージョン>[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,071 ベン・アフレックが、監督、製作、主演を努めたサスペンス。1979年のテヘランで起きたアメリカ大使館人質事件と、その裏で敢行されたCIAによる救出作戦の行方を追い掛ける。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi