名匠パトリス・ルコント、初のアニメーション作品「スーサイド・ショップ」を語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年9月5日 > 名匠パトリス・ルコント、初のアニメーション作品「スーサイド・ショップ」を語る
メニュー

名匠パトリス・ルコント、初のアニメーション作品「スーサイド・ショップ」を語る

2013年9月5日 17:00

初のアニメ映画を監督したパトリス・ルコント「スーサイド・ショップ」

初のアニメ映画を監督したパトリス・ルコント
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「髪結いの亭主」「仕立て屋の恋」のパトリス・ルコント監督が手がけた初のアニメーション映画「スーサイド・ショップ」が9月7日公開する。原題は「自殺用品専門店」を意味し、フランス人らしい辛らつなブラックユーモアをちりばめながらも、美しい映像と軽快なミュージカル仕立てで老いも若きも楽しめる人生賛歌に仕上がっている。新境地を開いた名匠に話を聞いた。

作家ジャン・トゥーレの小説が原作。一家の主ミシマを筆頭に、自殺を手助けする道具を売っていた陰鬱な家族に前向きでにこやかな男児アランが誕生する。人生を楽しく生きたいと願うアランの企みから、家族の状況が一変していく様をコミカルに描く。

ルコント監督は映画監督デビュー前に、BD作家として漫画雑誌社で働いていたという経歴をもつ。表現方法としてのアニメーションの魅力については、「一番の利点はその自由さです。演出の面でも限界がないので、自分のやりたいように自由に、そして詩的な演出もできます。想像や空想に全く限界がないので好きなようにふくらますことができました」と語る。そして、「映像が絵画的であることが一番大事だと考えました。3Dで見た時に、バーチャルすぎるようになるのは気に入らないので、あくまで、鉛筆、絵具、紙を使って描いたように仕上げたかったのです」と話すように、柔らかみのある繊細な色づかいにルコント監督のこだわりが感じられる。

自殺というショッキングな題材を扱っているが「喜劇であって、暗く不吉な映画ではありません。とことん楽観的な映画です。そして、この映画は子ども向けでもあります。(登場人物の)アランのように8~10歳であれば理解できます。孫娘とその友達に見せたら大喜びしていました」と説明し、既に公開された本国では、これまでルコント監督の作品に触れたことのない子どもたちという新たな観客を獲得した。

ミュージカル部分の歌詞は原作にはないもので、すべて監督が創作し、人生における思いを込めている。「“強く望めば手に入る”という歌詞は『仕立て屋の恋』でも同様のメッセージを込めていますし、私が昔から伝えたいと思っていたことです。簡単な言葉ですが、かなわない夢はないということです。私は夢を見る人間ではありませんが、可能性を信じることは大切なのです。そして、現実の暗さや陰気な部分に目をつぶってはいけないと思います。それを理解して乗り越えるべきだと思うのです」

スーサイド・ショップ」は9月7日から全国で2D/3D公開。

髪結いの亭主[DVD] 髪結いの亭主[DVD] 最安価格: - 幼い頃から“髪結いの亭主”になることを夢見てきた男が手に入れた理想の結婚生活を描いたラブ・ロマンス。監督:パトリス・ルコント
歓楽通り[DVD] 歓楽通り[DVD] 最安価格: ¥3,046 娼館で生まれ育った男と薄幸の娼婦との美しくも哀しい愛の物語を描いた作品。監督:パトリス・ルコント

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi