スーサイド・ショップ
ホーム > 作品情報 > 映画「スーサイド・ショップ」
メニュー

スーサイド・ショップ

劇場公開日

解説

「髪結いの亭主」のパトリス・ルコント監督が自身初のアニメーション作品として、フランスでベストセラーとなったジャン・トゥーレの小説「ようこそ、自殺用品店へ」を映画化。代々続く根暗な自殺用品専門店に赤ちゃんが生まれたことから、変化していく家族の様子をブラックユーモアを交えて描く。世の中が絶望の空気に覆われ自殺者が後を絶たない都会で、唯一繁盛していたのが、ネガティブ思考のトゥヴァシュ一家が営む自殺専門用品店だった。そんなトゥヴァシュ家に男の子が生まれ、アランと名付けて育てられるが、アランは家族全員と正反対の無邪気で明るい性格だった。両親の必死の教育にもかかわらず、健やかでポジティブな少年へと成長したアランは、店の商品を「自殺できない用品」に変えていってしまう。

作品データ

原題 Le magasin des suicides
製作年 2012年
製作国 フランス・ベルギー・カナダ合作
配給 コムストック・グループ
上映時間 79分
映倫区分 PG12
上映方式 2D/3D
 

インタビュー:スーサイド・ショップ

名匠パトリス・ルコント、初のアニメーション作品を語る
スーサイド・ショップのインタビュー

「髪結いの亭主」「仕立て屋の恋」のパトリス・ルコント監督が初のアニメーション映画を手がけた。原題は「自殺用品専門店」を意味し、フランス人らしい辛らつなブラックユーモアをちりばめながらも、美しい映像と軽快なミュージカル仕立てで老いも若き...スーサイド・ショップのインタビュー

関連ニュース:スーサイド・ショップ

スーサイド・ショップの関連ニュース

映画レビュー:スーサイド・ショップ

平均評価
3.0 3.0 50 (全9件)
  • 設定が勿体ない ネタバレ! なんとなく消化不良。自殺用具店という店のお話をテーマにしたのはすごく面白いと思うけれど、家族が喜んで、すすんで店を切り盛りしているかと思いきや、全員どこかに葛藤を抱えている。その家族を変えるため... ...続きを読む

    なつめ なつめさん  2014年6月25日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • ようこそ、自殺用品専門店へ これは珍しい〜おフランスの架空の街を舞台にしたアニメーションざんす。 自殺用品専門店を営む一家のお話と言うのは目新しかったけど、 その一家の各キャラクターに魅力が感じられなかったざんすね〜。 ア... ...続きを読む

    みつまる みつまるさん  2014年6月21日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • 絵がレトロで可愛かった ダークファンタジー? なので好き嫌い別れ るかも⁈ 自殺用品店というダーク な設定! その方に合った自殺方法 をオススメしてくれます! 父親ミシマは日本刀が好き。 切腹~ハラキリ~ 今ならサービ... ...続きを読む

    asuna asunaさん  2014年4月10日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • スーサイド・ショップのすべての映画レビュー
  • スーサイド・ショップの映画レビューを書く

他のユーザーは「スーサイド・ショップ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

採用情報