“リアル版ドラゴンボール”!?「マン・オブ・スティール」クライマックス映像初公開! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年9月5日 > “リアル版ドラゴンボール”!?「マン・オブ・スティール」クライマックス映像初公開!
メニュー

“リアル版ドラゴンボール”!?「マン・オブ・スティール」クライマックス映像初公開!

2013年9月5日 18:00

壮絶バトルを展開するスーパーマン(上)とゾッド将軍(下)「マン・オブ・スティール」

壮絶バトルを展開するスーパーマン(上)とゾッド将軍(下)
TM & (C)DC COMICS. (C)2013 WARNER BROS.
ENT. ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 8月30日に日本公開を迎え、週末2日間で観客動員21万2322人、興行収入2億6832万6100円を記録し、興行ランキング第2位デビューを果たした「マン・オブ・スティール」から、怒とうのファイナルバトルへと突入するクライマックスシーンが初公開された。

「お前が大好きな人類を1人ずつ奪ってやる」と宣戦布告するゾッド将軍に、「そうはさせない」と立ち上がるスーパーマン。破壊されたメトロポリスを舞台に、両者が音速に迫るスピードで激突すると、その衝撃波でまるで爆発が起こったかのように大地が吹き飛ぶ。

壮絶なアクションシーンは、TwitterなどのSNSで“リアル版「ドラゴンボール」”と話題を集めており、スーパーマンVSゾッドのすさまじい戦いは「ドラゴンボール」の終生のライバル、悟空とベジータとの戦いをほうふつとさせ、見る者の度肝を抜くスピード感とダイナミックさを誇っている。日本アニメへの造詣も深く、「300 スリーハンドレッド」「エンジェル ウォーズ」で独自のアクション世界を展開してきたザック・スナイダー監督だからこそ実現したアクション映像だ。

スーパーマンを演じたヘンリー・カビルは、「この映画に出演することができて、とても貴重で特殊な経験を積むことができた。素晴らしい撮影環境とスタッフ、最高のストーリー。2012年2月に撮影が終了して、やっと冷静さを取り戻すことができた。ずいぶん時間がかかったけれど、今なら客観的に作品を見られると思う。でも、久しぶりにまた興奮している。ぜひ世界中の人に見てほしい」と振り返る。

ゾッド将軍役のマイケル・シャノンは、「自分がこのような映画に出ることになるとは、夢にも思っていなかった」とプレッシャーを受けていたことを明かしながら、「これまでのキャラクターのように白黒はっきりしているものではなく、観客が共感する、よりリアルな人間として描かれている。その良い例がジョーカーだ。ヒース・レジャー演じるジョーカーによって、単に脅威を与える存在であるというだけではなく、とても複雑で悩める悪役という新たなムーブメントが始まったのだと思う」と評している。

マン・オブ・スティール」は、スナイダー監督と製作を務めたクリストファー・ノーランが、スーパーマンの誕生を新たな解釈で描くSFアクション超大作。現在公開中。

ウォッチメン BDコレクターズ・バージョン[Blu-ray/ブルーレイ] ウォッチメン BDコレクターズ・バージョン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,852 ザック・スナイダー監督作品。迫力のアクションと衝撃の映像、クールな音楽が創り出す驚愕のビジュアル・ワールド!
【数量限定生産】エンジェル ウォーズ ブルーレイ版スチールブック仕様[Blu-ray/ブルーレイ] 【数量限定生産】エンジェル ウォーズ ブルーレイ版スチールブック仕様[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - ザック・スナイダー監督が放つ、驚愕の異次元バトル・アクション!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi